ミニッツ の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての走行、初めての衝突

2007.08.23 09:52
~前回までのあらすじ~
齢○○にして、今更ミニッツ入手。
走らせるまでに手間取りながらも初走行へこぎ着けた私は、深夜の台所でゆっくりエンツォをスタートさせました・・・

***************************************************

元々、小さいサイズのトイラジが大好きで、これまでにたくさん購入してきました。
・デジQ 1台(2)
・ビットチャージー 3台(1)
・タイヨー ラジカン 1台(8~)
・マルイ RCクラブ 1台(4)
・エアロRC 1台(1)

他にも探せばあると思いますが、現役で動くのはこれだけっすかね。ちなみに車種のあとに書いてる括弧内の数字。なんだと思いますか?

じつはこれ・・・


それぞれ走行させた回数です(笑)
デジQは発売初日に購入し、当日走行させてお蔵入り。
ビットチャージも3台同時に買って1台だけ走らせて終了、エアロは「アンテナパイプがストローみたい」って気付いた瞬間に萎えちゃった(笑)

やはりマイクロサイズや簡易な物は走行してすぐ飽きますね。その点ラジカンとRCクラブ(知ってる人います?)は1/24サイズでも割とちゃんと走ってくれるので、友人とチキチキよくやりましたよ。
しかし、これら1/24サイズも絨毯やフローリングの屋内路面だとグリップせずにストレスが溜まる走行を余儀なくされますし、屋外なんて小石がスケールレベルだと巨石並になるので、走行中にマシンが吹っ飛ぶこともしばしばですよ。

ってことでミニッツ。ちゃんと走るか非常に懐疑的だったわけですが、まずフローリングの台所で走行させる事にしました。ここでちゃんと走れば他はどこ行っても大体OKですからね。

まずスロットルを少し握ったところで固定します。ステアも切ったり戻したりパカパカやりますが、ちゃーんとプロポ操作に正確に追従してマシンが動きます。このあたりトイラジとは違いますね~(当たり前か)
リヤ2駆のフローリング路面って事でクルクル回っちゃうかと思いましたが、ラフな操作をせずにスロットルとステアのリズムにさえ気を遣えば破綻することなくしっかり走行してくれます。
フィーリング的にはM04Lなんかに近いので、お手々の練習には良いかも。

少し慣れたところでダイニングテーブルの足を使っての模擬コースを走らせてみましたが、ラインどりが厳しいですね。
「マシンが小さい=コースが狭い=ターンインのポイントのズレが最小限しか許されない」ので、1/10ならマシン2台分位はスロットルオフのポイントがずれても立ち上がりでごまかしが利きますが、コイツは時間にしてわずかコンマ何秒かスロットルオフがずれただけで、コーナーでてんやわんや。ノーマルでも結構速度でますので、全コーナー真剣勝負の高い集中力が常に要求されます。
ってことでGPバッテリーを使い切る事もないまま、この日は疲れて就寝。

・ミニッツ 1台(1)

って事にならないよう、ユルユル楽しんでいきますよ。
スポンサーサイト

小さい体におっきな楽しみ

2007.08.22 08:13
以前より、「心の中で秘かに欲しいのものランキングin私」において半年間5位をキープしていたコイツに、遂に手を出してしまいました・・・

京商 ミニッツ!

なかなか最近ラジる時間が取れないので、部屋の中でも手軽に走行出来るミニッツでお手々の感覚を磨こうかと思い立った次第でございます。
某パパも「いつもプロポ持ってる事が大事」と仰ってたので、まぁ若干中年の域に足を踏み入れている私ですが、少年時代のチャンピオンのように日々プロポを握る生活を実践してみようかな、なんてね(笑)

で、とりあえず私のミニッツ師匠に勝手に認定(笑)したMさんに必要な物をアドバイスいただき、素直にありのまま言われた物を買ってきましたよ。

シャーシはこれ!
DSC01759.jpg
MR-02シャーシキット


んで、ボディはコイツ!
DSC01761.jpg

ミニッツ最強ボディといわれるエンツォ。トイラジっぽく見えるよう"あえて"赤をチョイス(笑)
いはやは、これのリアルさは凄いですな。細かいところまでの作り込みがハンパ無いです。ボディだけでも欲しくなっちゃうかも。

1枚目と2枚目の写真の間は数行しかあいてませんが、実際にシャーシキットを開封してからボディを載せるまでに2時間かかっております・・・_| ̄|○

シャーシキット標準はRMっつーロングホイールベース仕様なので、これをエンツォ用MMサイズに変更するようリヤギヤボックスを分解&交換。
もうね、2mmサイズのネジを締めるなんて作業は初老にはキツイッすわ。

初めて触る極小サイズマシンに悪戦苦闘しながらもなんとかMMサイズに変更したところで、ベアリングを投入。足回りを分解してリヤのギヤボックス軸受けに2個、フロントホイル左右に4個入れたのですが、なぜかベアリングが1つ余ります・・・何故?なんか忘れてる?

また、ばらす途中に気付いたんですが、フロントサスの動きが「ギシッギシッ」と引っかかりのある感じがしますので、これはキングピンの交換が必要そうですね。

クリスタルがシャーシ底面にあったり、タイヤの脱着に手間取ったりしながらも、なんとか深夜のテストランへこぎ着けて、購入したM11用ミニッツモジュールを取り付けスイッチオン!

全力でバックするのは仕様ですか?(笑)

プロポのスロットルとステアをリバースにしたら直りましたが、一瞬焦りましたよ。
バックもしにくいので、スロットルトリムを前進45に微調整。
さぁ、これでマシンの準備は完了。

ゆっくりスロットルを握ると、深夜の台所で真紅のエンツォが静かに走り出します・・・


次回、「初めての走行、初めての衝突」へ続く(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。