2007年11月 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず一本行こうか

2007.11.30 08:27
ワーチャン見学ですっかり空気を入れられたワタシ。

西宮場所では他車を綺麗にパスする技術が全く無い(ヘタなんだから抜くことより抜かれる方が多いんだもん)ことを思いっきり露呈してしまいましたので、早速ですが12月はレース慣れ強化月間としてツーリングのレースに2本出場しようと思います。

まず1本目はこの日曜、某月例に参加する予定です。
モーターがプロ2・23T。タイヤが采っていうの?これ指定。
ギヤ比が5.8であとはフリーなレギュですが、なにぶんモーターもタイヤも初体験なので非常に不安です。

とりあえずモーターはAKIRAさんに頂いたので、ブラシを軽く面取りして28000回転。
23Tでこれって回ってる?どうなの、わかんないな。
タイヤはNOMARK+30シルバードットってヤツを買い、インナーは使い慣れたAHver2ソフトミディアム、ホイールは采純正で組み合わせ。
製造元HPを見て、タイヤ内側メッシュの端を瞬着で固定してタイヤを組みました。
ネット情報では「アホみたいに高温にすると良い」なんて情報を見たので、ガンガンに温めて使ってみましょうか。
シャーシは05MS!といいたいところですが、あまりに不確定要素が多いレースですのでここは信頼性の高い「紫色の憎いヤツ」を引退状態から緊急招集。
ボディはエクセルアコード軽量を用意していたのですが、塗る暇がないのでいつものダッジAPかな。
バッテリーは数ヶ月放置のバラセル軍団を眠りから起こして使うつもりですが、今週軽く充放電したところやはりIB4200が数セル永久の眠りに・・・_| ̄|○
つーか、こんなラジペースじゃ絶対IBは使えないな。

ま、今回はレ-ス慣れが目的ですので、順位は気にせず走ってこようと思います。

そしてレース2本目は12/16のタミチャレinライト。
タミチャレ07とミニに出ようかなと考えています。
世界チャンピオンを輩出したミニ虎の穴で、自分のレベルがどれだけ差があるかを確認してきますよ。

んー、オチがないけど許してね。(^_^;
スポンサーサイト

やる気の形

2007.11.29 00:20
ふぅ

ホームコースが無くなるって辛いねぇ。
なんか、こうグッとやる気テンションも下がっちゃっうし。

どのくらいやる気がないかというと・・・


DSC01961.jpg
NSX2007搭載に向けて、今さらながらIFS組み立ててみたり



DSC01965.jpg
2年使ったTA05のワンウェイを交換したり、軽量デフボール入れてみたり、使い込んだミニのシャーシ換装したり



DSC01966.jpg
タミフェアで購入した、3000円もする(「それ買っちゃったんだ」とTさんに言われた)Mシャーシ用ブルーメッキシャーシとブルーメッキホイールを新品ボディにあてがってみたり



DSC01963.jpg
2008年シーズンに向けて、ツーリングの低ポイントクラス&ミニクラス用にバッテリー新調したり



DSC01962.jpg
サンワ党の私としては鉄板の組み合わせ、RX-431と0.6SECの超速サーボRS-995を買ってみたり

あげく







DSC01964.jpg
黒いパワーマスター2を追加で買ってみたり

( ´-`)


超やる気満々じゃねえか!




だって給料日だったんだもん・・・

ホームレス宣言 2008

2007.11.28 08:05
遂に、ついに、ツイニ・・・
正式に決定してしまいました。

我がホーム、イ○尼が

12月いっぱいで閉店することになりました。
・゚・(ノД`;)・゚・

通い始めて2年と4ヶ月。
ここでサーキット走行を本格的に初めて色んな人と出会い、色んなレースに出るようになり、私のRCライフの根幹をなしていたショップが無くなります・・・

近所に尼タムが出来たからでも、系列店が不祥事を起こしたからでもなく、閉店の理由はショップが面した道路の拡張工事による立ち退き。
夏頃から話題にはなっていましたが未だに移転先が見つからず、やむを得ず立ち退き期限いっぱいの12月末で一旦閉店となるそうです。
一応どこか関西地域で再開する予定だそうですが、現状では再開の日程や場所など全くの白紙。もしかするとこのまま再開しないなんて事も・・・

深夜0時までやってるので、仕事帰りにストレス発散で衝動買い
家から15分で着く便利さでレース前は気軽にチェックできる環境
昼間は貸し切り、夜間は猛者の宴のサーキットで腕試し

ううう・・・みんな年内で終わりなんだね・・・
。゚゚(´□`。)°゚。


2008年はイ○尼が再開するまで、当面ラジホームレス状態です。
さぁ、本気でどうするか考えなきゃ。

ラ○ト・・・本命。でも帰りは中国道激混みなのね
チ○ンプ・・・遠い気がする。ちょっと走行料高くない?

温泉・・・タミレース練習には向かないね
HRC・・・1回だけ行った。ここはGPでしょ
西北・・・コースは良いけどショップがないし、帰り混むし

Mさんにくっついて○治?
意外と近いけど行ったことがない、ぽ○っと?
遠征中心で腕磨くか?
う~ん、タム尼でミニッツ転向?

それとも、年内でこっちも引退か?(笑)

いろんなことがあったのさ

2007.11.27 08:29
さて、そろそろ耐久のレポでも書きましょうか。
結構キツイこと書いてるので、覚悟してくださいね(笑)

11/23朝から新幹線で静岡へ向かい お昼前に会場入りです。
最寄り駅に向かう途中にチャリがパンクしたのは、この先の旅路を暗示していたのかも。

会場入りしてからはTRFから送られてきた場内見取り図を元に、ピットエリアの出入り口として記載されていたワーチャンピット側へ向かいましたが、ワーチャン参加者じゃないので出入りNG。耐久の入り口はどこ?と聞くと、コースを挟んだ反対側を指さされました。
・・・そこが入り口なら最初から書いといてよ。こっちは重い荷物もってんだからさ。
DSC01901.jpg

観客席の裏を抜けて耐久ピット前へ。
そこにはコーンとバーで仕切られており、一見入れそうにありません。
そこでまた関係者を掴まえて「耐久の入り口どこですか?」と聞くと「私今ここ来たばっかりでわかりません」
・・・あんた耐久ピットの中にいるよな?
女性社員にずっとちょっかい出してるあの社員に聞けばわかるのか?

( ´-`)

結局ピット内にいた耐久参加者の人に「ここがピットですよ」と教えて貰い、立ち入り禁止のコーンとバーを乗り越えてピット入りしました。

耐久のピットは長テーブルが1つと椅子2脚が用意されています。すでにNさんがマシンと充電セットなどをセッティングしていてくれたので、私は他の荷物をボチボチとスタンバイ。
椅子に座って作業をしていると***自主規制***なことがあり、イライラは募るばかり。狭いところが苦手な私は(ワーチャン選手に比べりゃ倍はあるけど)狭いテーブルでどんどんテンションは低下。

そうこうしているうちに車検開始の14:00。
ここからレース開始の15:15まで怒濤の進行で、とにかく超忙しくひたすらバタバタバタバタ。想定外のことばかり発生し、半ばパニック状態でレーススタートです。

●ここまでで発生した想定外のこと
・練習時間がなぜか短く(5分→3分)、ドライバー2名しか練習できず
・ネームプレートを貼るテープがなく慌てる
・いきなり第1ドライバーが操縦台に呼ばれて打ち合わせできず
・重量検査が2回あって時間のロス
・重量が足りず、ワーチャンピットまでウェイトを借りに行く
・コース脇のピットエリアが狭くて作業しづらい
・シーバー不調

そんな中、Nさんのドライブでスタートしたマシンは、スタート直後から集団に飲まれて一気に下位へ。なに?縦が明らかに遅いし、コーナーはまっきまきやん。
それでもなんとか走行しますがカーペットのせいか、とにかく常時ドリフト状態。
しかもレース直前に充電したバッテリーが走行10分(!)でタレて、12分×5回のピットイン作戦に黄・・・いや限りなく赤に近いオレンジ信号がともります。
参加チーム中最短の10分で1回目のピットイン。
もうこの時点で順位は・・・_| ̄|○

2本目のドライバーはAKIRA氏。暴れん坊のシャフト車扱いにたけたAKIRAさんを持ってしても暴れるマシンは制御しきれず、直線でクルン、コーナーでクルンと回るマシンをなだめすかして周回するので精一杯。
後続に譲りまくりでストレスの溜まる我慢の走りで12分+2分を走りきって貰いました。

3本目はエースドライバー・NJrを投入しますが、さすがに練習走行無しではヤングライオンも巻き巻きマシンに手を焼く様子。しかし終盤にはドリフトしながら周回を重ねて、1人ぼっちのD1グランプリinツインメッセ状態で13分のD1タイムを終了。

この時点で上位とは大きく差が開き、もはや優勝の目は完全に・・・

●ここまでで発生した想定外のこと
・1本目のバッテリーが10分でダウン
・とにかくグリップしない
・他のチームはグリップしてるみたい?
・同じカラーのマシンが数台いて、走行中の判別が非常に難しい
・スタックしてもピットからコースが見にくい為、気付くのが遅れる
・周回を途中で見失い、アナウンスも言ってくれない
・他チームのサポートがウチのピット真後ろででかい声でずっと指示出してる
↑うるさくて、こちらの指示が聞こえない。
・ライトハウジング脱落?

3本目を終える頃、事前に充電セットしていた4本目,5本目,予備の6本目バッテリーをピットテーブルに取りにいこうと思ったら、某チームがピット通路に広げていた大量の椅子がバリケード状態で上手く進めず(怒)、さらにテーブルに着くと他のチームがウチの机使ってますが、ナニコレ?これがアウェーの洗礼ってヤツ?

ま、時間がないので無言で払いのけ、バッテリーを確認します。
4本目・・・充電OK
5本目・・・700mAhしか入ってない!
6本目・・・電圧エラーで充電できてない _|\○_

4本目を使うのはもうすぐ、これはOKだけど14分後に使う5本目の容量が足りないよ。予備もエラーで充電できないよ!
とにかく4本目だけを持ってバリケードを避けつつコースへ戻り、使用済みバッテリーを回収。700mAhだけ入ったバッテリーをΔピーク感知無しで強制充電し、練習走行で使ったバッテリーを予備の6本目として充電開始です。
5本目を使うのは計算上12分後、6本目は最悪20分後か。

レースは残り23分。
2本目・3本目と同じように、4本目が13分以上走行できれば何とかなりますが、再び10分でタレれば6本目のバッテリーまで投入する展開になるし、たとえ4本目で12分走っても、12分しか充電できない5本目のラストはガス欠の可能性アリ。それならハナから安全みて6本で行くか?5本で押すか?どうする?

4本目の巻き巻きマシンを押さえ込んだAKIRAさんが省エネ運転で14分走りきり、5本目バッテリーは強制で800mAh入ったところでバッテリーチェンジ。

合計1500mAhの容量で残り9分。
ラストドライバーはNJr。この時点で順位はベベ2。
さぁ、巻き巻きマシンは最下位に落ちるのか?バッテリーは持つのか?
監督は思い出作りに走るのか(笑)

残り8分 20分充電した予備バッテリーをクルーに託し、操縦台へ
残り6分 相変わらずドリで走るドライバー。結構上手いぞ。
残り3分 パイロンに乗り上げて亀状態。ピットから遠いんで気付かないよ!
残り2分 そろそろ動きがヤバいかも・・・
残り1分

・・ええ、最後は私が走りましたよ。
ガス欠でエンコする格好悪いシーンは監督が責任取らないとね。
耐久プロジェクトに参加して約1ヶ月。その間一度も操縦しなかったマシンとプロポを最後の最後で手に取り、有終の美を飾る為、精一杯のエコランで走行します。
(頭の中でのBGMは中島みゆき「世情」。金八でかかってたアレ)

たった1分、1周半の旅路だったけど、いや~、いっぱい絡んじゃったね~スイマセンねぇ。アウェーで慣れてないもんでみなさん許してくださいねぇ。
途中凄いイライラしてたけど、60秒走っただけで気持ちはスッキリ晴れましたよ。ラジコンっていいね、やっぱ好きだわ。

んで、そのままなんとかベベ2を死守してレースは終了。
私たちの挑戦は終わりました。
宿帰って最後に使ったバッテリーを放電したら残り200mAhだったよ。AKIRAさんが4本目で2分早くピットインしてたら最後は完全にガス欠だったね。

最後の結果は残念だったけど、この1ヶ月は1台のマシンをみんなで走らせる貴重な経験をしたし、最後にはツインメッセのワーチャンの舞台で走ることも経験させてくれたチームメンバーには感謝の言葉しかありません。

皆さんありがとうございました。
来年?
来年は金曜から乗り込んでの3日間カーペット地獄の方に出たいねぇ(嘘)
DSC01955.jpg

タミフェア

2007.11.26 00:36
はい、行ってきました。
タミヤフェアを見るために静岡まで。

DSC01905.jpg
DSC01907.jpg

西宮場所でチョロッとアナウンスされていた”ミニのニューボディ”が、この「ミニクーパーS 2006」です。
シャーシはM03Lで、確か今もこのタイプのミニは発売されていますよね?
従来と違うのはボディが2006になったことと、スイフトから採用された軽量アップライト仕様になっていることくらいでしょうか。ライト部は電飾が仕込めるように別パーツ・・・にはなって無くてステッカー仕様。そうそう、ホイールは新型が付いてましたね。

DSC01906.jpg

こちらがMマニア(なんか誤解受けそうな名前だな)注目の
「Mシャーシ ハイグレードアルミダンパー」
えーと見た目、TRFダンパーそのまんまです(笑)
樹脂はローフリじゃなくて黒いノーマル。シリンダーリングもアルミではなく黒樹脂、シャフトもチタンコートじゃないっす。
んー、このままじゃTRFダンパーと同じですが、あえてMシャーシ用と銘打つ位ですから、たぶん、たぶんですがシリンダーが短いのかも。
CVAスーパーミニと同じサイズのシリンダーを採用して、TRFダンパーを使った時のストローク不足を解消するのかもね。

DSC01911.jpg
DSC01913.jpg
DSC01927.jpg
DSC01929.jpg

こちらはタミグラフリーク注目のNSX2007。
こうしてみると2005がディフォルメされていたことに気付くほど、2007はリアル志向です。
IFSシャーシを前提に設計されたそうでボンネットはフェンダーよりグッと低く、素05にのるかどうかはかなり微妙。2008年はIFS旋風が巻き起こるか。
リヤはタイヤ後ろまでボディが続き、リヤエンドはそこから1cmほど高めにカットされて、ダッジやMAZDA6などもぱっと見似た感じ。こりゃグリップ期待できそうですな。

DSC01915.jpg
DSC01914.jpg

こちらは今週テイクオフのドゥルガ。
すでにフルオプ版が展示されてました。

DSC01916.jpg

さぁ地獄に堕ちましょう。

DSC01919.jpg
DSC01920.jpg

ミニ四駆ベースのRC。
ファイヤードラゴン2006とネオファルコン。
ファイヤードラゴンは懐かしさで購入する人がいそうですけど、ネオファルコンは微妙・・・

DSC01921.jpg
DSC01923.jpg
DSC01925.jpg

スーパーカー世代のハート鷲づかみ!
GT01 カウンタック。現地風にいうと「クンタッチ!」です。
フォルムはさすがタミヤ!としか言えない素晴らしい仕上がり。
ボディサイドのシェイプを再現する為に、ボディとシャーシサイドを連結するパーツが新たに加えられています。
電飾はフロントフォグとテールだけ。ライトアップ時の4灯は再現できないようです。
ホイールも特徴ある形状を再現していますので、来年はポルシェ+フェラーリ+カウンタックのスーパーカークラスが盛り上がるでしょうね。

DSC01943.jpg
DSC01942.jpg

これは350Rのカラーリング違いです。
まさにそのまんま(笑)。

2007.11.25 13:10
バギーヨンク
1.TRF前住選手
2.アジア代表選手
3.掛川代表 O選手
4.長野代表 N選手
5.岡山代表 C選手

ミニ07
1.TRF鈴木選手
2.関西代表 K選手
3.愛知代表 M選手
4.岡山代表 F選手
5.アジア代表

GTビクトリー
1.北海道代表 I選手
2.岡山代表 O選手
3.TRF マーク
4.TRF ビクター
5.東京代表 K選手

GT2400
1.ドイツ代表
2.山陰代表 T選手
3.イギリス代表
4.長野代表 Y選手
5.アメリカ代表

GT3700
1.ドイツ代表
2.岡山代表 N選手
3.アメリカ代表
4.オーストラリア代表
5.愛知代表 M選手


戦い終わって

2007.11.23 21:32
20071123213257
レースを終え、肉の宴も終わり、宿に帰りました。今日使ったバッテリーを放電しながら、レースを振り返っています。 …カーペット、甘く無いですよ。

NSX2007

2007.11.23 14:06
20071123140646


ミニ

2007.11.23 13:57
20071123135721


コース着

2007.11.23 11:41
20071123114101


カウンタック

2007.11.23 11:36
20071123113640


着いた!

2007.11.23 11:29
20071123112909


聖地到着

2007.11.23 11:10
20071123111051


いよいよ

2007.11.22 08:21
さぁ、遂に今日からワールドチャンピオン決定戦が始まりますよ。
まず今日は練習日で、明日は予選が3回、明後日24日に4回目の予選と決勝が行われ、タミグラワールドチャンピオンが決定します。
全国のタミヤフリーク&タミグラに参戦する選手の最終目標であるこの舞台を多くの方が羨望のまなざしで注目し、来年こそは自分も!と寒さに負けずに熱い闘志に着火してることでしょう。

各地の代表になった選手、特に我が地元関西勢の皆さんやいつもご指導いただく晴の国の代表の方々には、レースを見に来た観客全員が帰りにXBを買って帰る位に(笑)素晴らしい走りを期待しています。

さて、そんなワーチャンですが明日には我々耐久チームの決勝も行われます。
ホント緊張感無くのんびり考えてたんですが、コース設営が着々と行われている様子を見て・・・緊張してきました。(^_^;)

071121.jpg
071121_1.jpg
※TRFサイトより拝借

緊張で軽い尿漏れを起こしそうですが、あまり気にしないで下さい。

明日のレースの為に何年ぶりかに有給休暇を取得するので、今日の仕事終わりは深夜の予定。よって荷造りは昨日のウチに完了しました。
持って行くものは・・・

DSC01897.jpg

●ネームプレート(蝦ちゃん仕様)
●封筒
●チーム紹介の用紙
●安定化電源(壊れかけなのでマッチモブースで点検してもらう予定)
●セルマスター×2
●1600SP×3
●トランシーバー
●ストップウォッチ
●耐久タイムスケジュール

くらいっすか。マシンもプロポも持たずにレース行くって変な感じですな。
さぁ、この荷物をキャリーに詰め込んで明日朝から新幹線で静岡へ乗り込みます。

ウチのエースドライバーと名メカニックは今日から現地へワーチャンサポートで前乗りしているはずですので、一足早くカーペット攻略法を考えておいてもらいましょう。



2005年。
私が初めてタミグラに出たのも、屋内大型施設・インテックス大阪で開催されたカーペット路面でのツーリングカーレースでした。
その日も今日と同じキャリーに荷物と初めての緊張感を詰め込んで会場入りし、使ったボディも何の因果かマッポの手先明日使うのと同じコルベット。

あの時と私の周りの環境は大きく違うけど、初めてのレースと同じシチュエーション・・・
思い出すのはあの時の悔しさ。
もっとやれると思ってたけど結果はベベ3メインの最下位に沈む惨敗で、最初はシャレで出たレースだったけど「こんなんじゃ辞められん」と帰り道でリベンジを誓った日から2年と9ヶ月。
ドライバーとしてでも地区代表としてでも無いけれど、耐久メンバーの1人としてタミグラ参加者の頂点であるワーチャンと同じ舞台に立つことになりました。




・・

・・・


なんだろ、これ?
これで引退な空気だな(笑)

随時入会受付中

2007.11.21 07:51
入会した直後はあまりの情報の無さや特典の無さに「来年以降の更新はなし!」って決めてたTRFサポーターなのですが、最近は地味ながらも特典がチラホラ出てきて「来年の更新アリかも?」となってきてますので、その紹介をば。

まず発足時に会員特典としてあげられていた

・TRFアイテム先行予約(特典付き)
・会員限定イベント
・TRFメンバーと写真撮影
・ビッグレース来場時プレゼント
・メール配信

オフ世界戦で何らかのプレゼントがあったようですが、それ以外は一切無し。相変わらずメールもないっすよ。415MSXXMR、501X世界戦モデル、416の情報も最初に出たっきりで、あとは出てないっすね。しかも415MSXXMR(長っ!)に至ってはホントに記念のシグニチャーモデル扱いみたいで、TRFのレース活動でも416ばかり使われてます。

でもね、ここに来て「あぁ、入って良かったなぁ」と思える事があったんです。
まずタミグラin西宮ではTRFサポーターのみ、レース結果がもらえました。
会場に張り出してて、走り終える毎に見に行っては一喜一憂するあのリザルト、みんながデジカメで撮影してるあの用紙を決勝の結果入りで全クラス頂戴しちゃいましたよ。
デジカメで撮影したものを見るのも良いですが、紙で手元にあるってのもいいですね。レース出た記念って趣もあるし。しかも今回はサービスとして、自分の出た決勝のラップデータも印刷して貰いました。
1周毎のラップタイムが出てますので、わずか2分やそこらのレース時間で絡み絡まれなどで5~10秒ロスすると、どれほど取り返すのが難しいか痛いほどわかりますな。

ま、でも今回は参加者300人以上いた中で、結果をもらいに来たサポーターが私含めて4名しかいなかったってのも特別サービスしてもらえた理由でしょうけどね(笑)

そして今週ツインメッセで行われるタミヤフェアでは、ワーチャン会場にサポーター特別観覧席を用意してもらえるそうで、左うちわでヤジ観戦予定。
さらにさらに、通常一般見学者は立ち入れないピットエリアに入場できるピットパスを「抽選」でゲット出来るビッグチャンス!
各地の予選を勝ち抜いた猛者達が、ピットでどんなマル秘テクを駆使してるのかを盗む大チャンスですよ。










それ当たっちゃいました(笑)
DSC01895.jpg

いや~、先週末にタミから小包が届いてたからコンデレの写真かな?と思ってたらピットパスでしたよ。オマケでリストバンド(ゴム製)2本付き。

このピットパスを提示するとピットエリアに入れるそうなんですが、ここで凄~く素朴な疑問が・・・

あの~



私、耐久決勝に出るんでピットエリア入れますよね?

( ´-`)



同梱の説明書きを見ると、このパスで入場できるピットエリアには耐久のピットも含まれてるようです。
DSC01895_1.jpg


しかし我々耐久に出るメンバーはパスも貰ってないし、ゼッケンも受付の14時までは貰えないので、見た目はただのおっさんでしかありません。
ウチのチームは現地ピット集合ですので、ブラブラと適当にピットエリアに入れるはずですよね。
つーか、このパスぶら下げてると見学者が耐久のピットに入り込んで作業してる!的な誤解受けないですか?


・・
・・・

ま、耐久の無い日も入れるってことで、このパスありがたく頂いちゃいましょう。

さぁメッセまで今日入れてあと3日か。
ワーチャン出る選手達は必死に準備してるんでしょうけど、なんだろね、ワタシのこの緊張感の無さ(笑)

折れたものは・・・?

2007.11.20 08:22
やぁ、どうもどうも。
今週からいきなり寒くなりましたが、体調など崩してませんが?
先週は昼間はTシャツ1枚で過ごせる位の陽気だったのに、昨日の夜なんてダウンジャケット着てても寒い位でしたよね。
いつから日本は夏と冬しかない国になったんだろうか・・・

ま、そんな寒い日は外に出ず、部屋にこもってラジ三昧ってのがオツ(笑)
ミニッツで遊ぶのもいいですが、今回は西宮以降ほったらかしのマシンを軽くメンテしてみました。

最近はレースでマシンを壊す事も少なくなり、走行後チェックも各部のひび割れとベアリングと駆動の軽さを見る位で基本ノーメンテ。レース前にやばそうな所だけバラして組み直すお手軽メンテで過ごしています。
しかも今回使ったのはタムギアとM03という割と壊れにくいマシンだったので、ネジの増し締めと次のレースまでメカ類をおろす作業程度と踏んでいたのですが・・・

【タムギア】
なんとなく投入したCVAダンパー。あのアルミのクソ高いヤツなんて要らないんじゃない?って思わせてくれるほどナイスな動きを見せてくれるダンパーなのですが・・・
DSC01886.jpg


あと一息でダンパー受け皿が行方不明になるところでした。ヾ(;´▽`A``
これオプションだから受け皿1個って買えないですよね?
まさかこれだけで1回しか使ってないダンパー買い直しっすか。
他にもサスシャフトとか曲がってるし、アンダーシャーシ傷だらけだし意外と戦いのキズは大きいね。


【ミニ】
スイマセン、ミニやる資格ないです。

DSC01888.jpg


リヤのダンパー受けピロボールに深い傷が入って、ダンパーがピロボール奥に押し込まれてグラグラ状態。左リヤだけガッタガタで走ってたわけですな。

DSC01892.jpg

モーターのエンドベルがぐにゃり。
当然ブラシホルダーも変形し、この状態で計測したモーターの回転数は・・・・とても言えません(笑)

さらにショックだったのが
DSC01889.jpg

※写真は修理後
フロント右ナックル割れ、下側ネジ脱落。
一体いつ割れたんだろうね、これ。少なくとも決勝後半はこの状態だったと思いますし、そういえば予選2回目の前にタイヤを触ったら「グニャ」って横に動いた気も。

ま・・・
予備パーツ持ってなかったんで、モーターもナックルも気づいたところでどうしようもなかったんですが(おい!)
しかも最終メンテで前後のバネを逆に付けて、そのまま気付かず走ってたなんて絶対に言えない話ですよ。

そういえば、JRM主催のレースでも家帰ってマシン見たら、フロント左ナックルが割れて下のネジが無くなってました。あの時は決勝で快走して、微妙に「ワタシやれるかも?」なんて自信付けたのですが、今回の決勝もなぜかヒート内ベストラップをたたき出して「次に繋がるな」とあまり凹みモードでは無かったんですがね。

え?まさか

ナックルが割れてグラグラの方がよく走るのか!?

こりゃ次は検証ですな。( ´-`)



その前にもう一つ折れたものを修理しなきゃね。

DSC01890.jpg


アンテナも逝ってました・・・

a week

2007.11.16 11:35
先週の西宮場所から今日で約1週間。
本業では夏から始まった基幹系システムの入れ換えに伴うプログラム作成・変更・修正に振り回されまくりのピーク月間で、10月から家に帰るのは常に深夜。
帰宅してからは耐久・西宮をそれぞれ2週にわたって準備し、寝不足ながら充実感ある日々を過ごしました。

そして耐久・西宮を終えて今日までの6日間・・・何もしてません(笑)

バッグからラジ荷物も出してませんし、ゴミもそのまま。
仕事も少し落ち着いて、なんとか人間らしい暮らしが出来る時間には帰宅して、ゆっくり夕食を取って本を読みビデオを見て、久々の団らんを過ごしています。
睡眠時間もレース前は平均3~4時間、西宮場所前日(当日?)は3時までメンテと充電に追い立てられ、朝は5時半起床の超ネムネム状態だったのに、今週は平均7時間は寝てますからね。寝過ぎて頭が痛いっすよ。

( ´-`)

あぁゆっくり出来るって良いな・・・


と思っていたら


( ・o・)ハッ 

耐久決勝まで1週間しかありませんよ!

こりゃまた激動の1週間が待ち受けてるワケですが、まずは耐久予選の反省点を振り返ってみますか。

【トランシーバー】
予選ではピットに通常のシーバー、ドライバーにVOX機能付きイヤホン&マイクを装備して意思疎通を図ろうとしてたのですが、これが大誤算。
VOX機能は声に反応して発話スイッチが入る仕組みなのですが、掛川の操縦台に16チームのドライバーが並ぶ様はまさに満員電車状態。他のチームでもシーバーを利用している人が多かったので、隣の人の発話でコッチのシーバーのスイッチが入りっぱなし。
片側が発話してると一方からは発話できないので、走行中は操縦台の(周りの人の)声が聞こえるばかりでピットから一切指示が出せず、結局次のドライバーを早めに操縦台に上げて身振り手振りと声でピットインを指示する事になりました。
決勝ではギャラリーの声もあるだろうし、もっと声が届きにくいだろうね・・・
何か策を考えないといけませんな。

【バッテリー】
レースは60分。事前のデータで1600SPでも13分は走行可能な事を確認していたので、12分ごとの5回ピットイン作戦をとりました。掛川ではこの作戦で特にバッテリーがダウンしてタイムが落ちる兆候はなかったのですが、決勝はワーチャンと同じコース。
てことはストレートが少なく、スロットルオン・オフが掛川より頻繁に要求されると思いますので、バッテリーの消費が計算以上に大きいかもしれません。10~11分での交換も視野にいれといたほうがいいのかも。となるとドライバーチェンジも増えるわけで・・・私も走る展開があるのかも・・・いやぁ、それは無しの方向ですね。(^_^;

【クラッシュ】
クラッシュ=レース脱落は耐久の基本。60分走って1~2周差なんてザラですから、ピットに持ち帰っての修理は出来るだけ避けなきゃダメです。掛川ではコース仕切りが「タイヤ」や「芝生」で若干マシンに優しい仕様でしたが、決勝はお馴染みの「角材」なのでなおさら。ドライバーの皆さん、安全運転でお願いします。

他にもあるけど明日からボチボチ考えようっと。

世知辛いねぇ

2007.11.14 11:16
先日参加したタミグラは前回参戦から9ヶ月振り、今年2回目の参戦でした。
おそらく今年はこれで終わりですので、今年獲得したポイントは参加2ポイント+タムポルA・5ポイントの計7ポイント。


うわぁ、ホント少ないや・・・
美容室でイメージ通りに仕上がる確率位少ないや・・・



っつーことで、今回久々に参加して「ちょっと変わった?」って感じた"車検"をピックアップしたいと思います。そうそう、掛川耐久の車検もちょっと変わってたね。

通常レースの車検では
1. 事前に重量を測る
2.「タミ製品以外のパーツないですか?」
3.「重量はいくらでしたか?」
4.「クリスタルは合ってますか?」
5. ピニオン&モーター&ブラシチェック→マーキング

って感じですかね。重量制限がないクラスは車重測るのも無しです。

これが掛川耐久だとモーターがその場で手渡されるのですが
1.「タミ製品以外のパーツ無いですね?」
↑ここまでは通常と同じ。しかしここから

2.「モーターに○○したり、××するのは違反です」
3.「バッテリーに△△禁止です」


とネットで流れる灰色・・・というか真黒なレギュ違反チューンの話がポンポンとでます。そんなハッキリ言っていいんですかね、とこちらが心配になるほどっすよ。
やはり裏で流通しているモーターやバッテリーには催事部の方でも気を揉んでいるようですね。

さらに
4.使用する全バッテリーをチェックされ、「バッテリーは走行後、コネクタを外してピンをチェックします」
5.マシンを指さし「これ全部あなたのものですね?後車検で違反が見つかった場合、

今後出場停止になります

のでご注意下さい」

ともの凄く厳しい脅し(笑)をかけられて、冷や汗をかきながらの車検でした。
もちろんレギュ違反など後ろめたいものはしてないので堂々としていればいいのですが、なんか職務質問されたように無意味に緊張。(゜へ゜;)

しかしレギュ違反で出場停止ってのはね・・・意図的ならダメだろうけど、うっかりミスで違反したなら記録無しにすればいいと思うんですけどね。う~ん、この話は難しいな。

結局、脅しかけれまくりの掛川ではレース後車検でさらにたっぷりの冷や汗と、もっといっぱいの疑問符が沸きましたが、無事合格してツインメッセへの切符を手にしたのでした。

そして西宮。
前車検は従来通りでしたが、後車検が厳しかったですね。
私のミニなんて予選1回目終わって車取りにいったら、モーターからアンプに繋がるヨーロピアンコネクタが何故か外されてまして、ただ抜くだけならまだしもマイナス側はモーターにハンダ付けしたマッチモのメス端子ごと外されてましたよ。Nさんにハンダお借りして事なきを得ましたが、端子ごともぎ取るってどんなチェックだよ?

さらにミニクラス決勝Aメでは他社のハイスピードギアが入ってないか、分解してギヤチェック有り。GT決勝では上位陣のモーターチェック有り。
タムギアでは

・・・同じレースに出てる人だけがライバルとは限らないんだね・・・

としか言えません。( ´-`)

他にもゼッケンステッカーをウィンドウに貼るのはダメ、とかもあったし、なんだか厳しくなりましたな。
レギュで縛らないと速度差がつきすぎるし、車検をちゃんとしないととんでもないもの持ち込む輩がでるので厳密な対応は必要と思うのですが、あまり厳しすぎるのもね。

レギュユルユルのショップレース
レギュガチガチのタミグラ

あなたの好みはどっち?

あっ、私?私は楽しければどっちでも(笑)

ベビーブーム世代は語る

2007.11.13 08:31
最近、といってもここ数年ですが、世界レベルの試合や大会がメディアで報道されるたび、開催前は「メダル確実!」とか「アジアナンバー1、いや世界一だ!」と煽るだけ煽っておいて、実際の結果は(´・ω・`)ショボーンなコトが多いっすよね?

まぁ本人が強気な発言をするのは周りへの影響力や選手としてのパフォーマンスと考えれば納得できなくはないのですが、どうしても気になる事があるんですよね。
それは試合が終わったあとのインタビューや談話で


「実は怪我をしていたので、この結果でも充分です」
「自分なりに精一杯やったので悔しくはありません」
「ゲームを楽しめたので満足です」





・・

・・・



んなこたぁないだろ?

必死こいて練習して、色んなもん犠牲にしてここまで来たんだろ?

万全の体制で挑めなかった事を悔やんでないの?
一生懸命やった結果がそれで満足なの?
つーか、負けて本当に悔しくないの?





・・


・・・


競争する事がデフォのベビーブーム世代は綺麗事じゃ終わらせませんぜ。


ってことで、この土曜に参加してきたタミグラin西宮場所の話(笑)

結果は惨敗?
いや、今回は参加人数がかなり多かった事もあり、予選だけでも26レース。
各クラスで半分以上の順位に行かないと決勝が走れない厳しい足切りがあった中、決勝はベベメインとはいえ両クラスで走れたので、まぁまぁ・・・
んー、でも内容は惨敗か。マシンはイケてるのに操縦する腕がヘタッピ過ぎてもう全然ダメ、素直に悔しいです。

【タムギア】
当日の朝、Mさんに"スペシャルMチューンモーター"を受け取りやっとこさレース準備完了。よっしゃこれで西宮港までぶっ飛ぶぜ!

・予選1回目
去年でたタムギアのレースでは死ぬほど高いテーブルトップがあり、そこで幾多のマシンが墓場送り(笑)になりましたが、今年のジャンプ台は低いものが2箇所のみ。その代わりコースがフルサイズとなり直線スピードが問われます。
ふふふ、大径ホイールを履いたボアの方が有利じゃん・・・(´Д`*)

と思ったのは最初だけ。

何も練習してないけど何故か飛べるようになってた1個目のジャンプを無難に超えて、さぁって感じで挑んだ2個目のジャンプ台で「出口のない海」に綺麗に着水。ははは、いきなり最下位ですよ。
それでも残りを走りきって、この時点で順位は真ん中よりちょい上。

・予選2回目
ボアの動きは終始マッタリモード。天井に電飾を入れてる影響か、ロールもデカイのでコーナーではおっとっとな感じで緊張感ゼロ。
あちこちで絡んだ結果、順位は下げ。でも何とか決勝Bへ進出です。

・決勝
決勝では"Mスペシャルケミカル"で鳴尾浜まで飛ぶ予定でしたが、「すぐタムギア決勝やりま-す。選手の方は急いできてくださーい」ってアナウンスに焦らされ、ケミカルを使わずにレースへ。
ま、この時点でレースに結構飽きてたので(おい!)、適当に暴れます。
色んな所で後ろから襲いかかり、四足動物の交尾状態になる事数回。タイヤ剥き出しの車で絡んじゃうとダメですな(笑)
決勝結果はよくわかりませんが、ちいと悔しいよね。
ネタボディですけど、コンデレ取ったのだけが唯一の満足点です。

200711_12_20_e0095920_16272776.jpg
※写真撮ってないのでMさんとこから拝借

【ミニ】
初参戦のミニクラス。レース自体2回目です。

・予選
よく覚えてないのですが、とにかく曲がりませんでした。デフやらタイヤやら原因はあるだろうけど、よく考えれば最後にイチ尼で走らせた時にハイサイド食らうほど鬼グリップだったのでD/Rをメチャメチャ下げてたんですね。
まぁ帰りの車の中で気付いちゃどうしようもないけど。(-.-)y-~~
相変わらずの突っ込み癖を露呈しながら、これまたラッキーにも決勝C進出です。

・決勝
この時点で腰痛が酷くなってきたので、やはり適当に暴れます(おい!)
だってさ、ただでさえ視力が悪くてコーナー左右奥なんてマシンがぼんやりとしか見えてないのに、日が落ちてきてさらに見えないし腰は痛いし、夕食のメニュー考えなきゃダメだしねぇ・・・

決勝は14台。もうね、そこら中で暴れん坊将軍ですわ。
これまたそこら中で絡みまくりながら(同じメインの人スイマセンでした)、下位を低迷。途中フェンスに片輪を乗り上げて上位進出は万事休す。

レース終盤にやっとこさ「ブレーキ掛けりゃ曲がる」コトに気付き、他車より0.6秒速いベストラップをたたき出しながら季節はずれのチャージをするも、4位まで上げたところで時間切れでした・・・


準備する時間がなかった?
パーツが足りなかった?
練習する時間がなかった?
睡眠不足だった?

全部含めて自分の責任ですからね。そういう時間コントロール含めて、万全に準備出来ない自分が悪いっす。

ヽ(´・`)ノ



まぁこれで色々見えたものもあるし、ハード&ソフト面でもモロモロの問題があるから来年以降の展開を真剣に考えますわ。
ホント今回のレースは色んなコトがあって、楽しいのはもちろんなんだけど、正直なんだかなぁと思う事も多々ありましたよ。具体的には書きませんけどね。

ふう、来年は遠征中心へ鞍替え?ミニッツ転向?パーキングメイン?

今年は(操縦してないけど)メッセも行けるし、(ネタボディだけど)コンデレ取ったし
、(ビギナークラスにサイクロンだけど)ラ○トで優勝もしたしね。もう思い残す事は





山ほどあるYo!(笑)

まだまだ辞めれませんなぁ。

ひゃひゃひゃひゃ

2007.11.09 08:24
ヽ(^○^)ノファーーァ!
眠いっす。
そしてガッカリです。


昨日は仕事がほんの少しばかり早く終わったので、仕事帰りに某ラジ屋へ。
「早く終わった」なんて言っても、世間的に見れば充分深夜なので、開いてる店は1箇所しかありません。

差し当たってタムギア用の足回りスペアパーツとライトチューンモーターをゲット。ほかにもタムギア用の予備スポチュンが欲しかったのですが、売り切れ中なので他に細々したパーツを購入して帰路へつき、ビールを飲みつつ深夜のメンテタイムがスタート。

まずライトチューンを回したら17250回転・・・
もう時間無いからこれでいいや(笑)
ショッキー?いらないいらない。おもりしかなんないよ。
タイヤは会社で貼ったので、これでミニクラスは完成。何とか間に合いました。

続いてタムギア。
タムポルをバラしてサーボを取りだし、タムギアに移植。細かいネジが多くて、指の太い中年男性には厳しい仕事ですな。(^_^;
受信機は前回格安タイプのノーコンで悩んだのでサンワのRX431を奢り、モーターもSPTを外して2月のインテで使った以来のスポチュンへ換装。タイヤはこれまた会社で貼ったので問題なし。
何故か買ったCVAダンパーを組んで、全て完成したのは草木も眠る時間帯。
そのまま部屋の中でテストドライブです。

プロポスイッチオン
アンプスイッチオン。

ステアを切るとクイクイ左右に切れます。ボアタイヤはかなりの大径ですがタミ純正サーボはトルクが大きいので俊敏に切り返してくれます。う~ん旋回性もよさげだね。

続いてスロットルオン。

ん?アンプのLEDは点灯してるけどモーターが回ってませんな。
アンプの配線を直した時に接触悪かったかな?とパカパカスロットルを開け閉めすると、某温泉コース名物の"あの香り"が鼻先をくすぐります。

見るとモーターから白い煙が・・・

DSC01882.jpg

レース2日前、モーターが逝きました。
(ロ_ロ)ゞ

深夜まで開いてる某ショップではスポチュン売り切れ中・・・
万事休す。

今日は出来るだけ仕事を早く終えて、スポチュンを探す冒険の旅へ出ないといけませんな・・・

嘘でしょ?

2007.11.08 08:11
耐久レースが終わり、次は週末のタミグラ西宮場所への段取りをしなければならないわけですが、今週は仕事が忙しく帰宅はいつも深夜。
それでも寝る時間を削ったり、仕事での休憩時間を使ってミニのフルメンテとメカ乗せ、タイヤ貼りまではなんとか完了。
残るはタムギアのモーター交換と練習を残すのみだと余裕を見ていましたが・・・



昨日、悲しい事実が続々判明しました。

●1個しか持ってないライトチューンが15000回転しか回りません。

●タムギアにレギュ違反のサーボが入ってました

●タムギア用電池が半年以上ほったらかしです

●親電源が放電しきってます

●パワーマスターが壊れかけてます

タムギアは"キット標準のサーボとアンプ"を使用する規定になってまして、もちろん私も持っているのですが標準サーボはタムポルで使い、タムギアにはエンルートのサーボが入っているのが発覚。あの細かいフロントをばらして移植すると思うとゾッとしますな。

さらにアンプも標準品であればOKだと思ってましたが、某サイトの情報では完全ノーマルが基本で、配線替えるのもNGだそうっす・・・

_| ̄|○

私のアンプはモーター配線は太いシリコンに替えてるし、キャパシタも付けてるよ。

この期に及んでアンプ購入ですか!?

家帰る時間には店閉まってるんですけど?

( ´-`)

ってことでわからなくなったらグランプリ係(笑)
今月4度目のラブコールです。


トュルルートュルルー、ガチャ

お姉さん『はい、グランプリ係です』
ワタシ『あのー、タムテックチャンプクラスは標準アンプとサーボ指定ですが、モーター配線とか替えてもいいですか?』

お姉さん『少々お待ち下さい』


何とも言えない伸びきった保留音が何回も繰り返した後にお姉さん再登場。

お姉さん『配線を替えるのは違反ではないですが、出来るだけ標準状態で使ってください』
ワタシ『実はもう交換しちゃってて、これがダメなら買い換えなきゃダメなんですけど?』
お姉さん『(困った感じで)出来るだけ標準を使っていただきたいんですけど・・・違反ではないです』
ワタシ『そうですか、じゃ買い換えはキツいんでこのまま使いますね~ ありがとー』


グッジョブ!自分!!


とかいいつつ、当日の車検場でタムギアを持って遠くを見ながらたたずむおっさん(or直線で明らかに遅いスイフトでもがくおっさん)を発見したら、それはほぼ私でしょう。暖かい言葉待ってます(笑)

静岡は甘いか、しょっぱいか? その3

2007.11.07 08:07
今日で耐久レポは3回目。しかしそのまえにどうしても一言言わせてください!
おそらくかなりの方が気付いているとは思いますが・・・


kobe.jpg


神戸市の天気・・・雨確立50%
ピンポイントかよ!!

スーパーウエットクラスの準備開始ですな・・・
( ´-`)

******************************************************
前回までのあらすじ

掛川に耐久いった。
朝早くから人が一杯いた。
48分走って3位だった。

******************************************************

頭真っ白でした:ドライバー談

レースは残り12分。
ここを走りきればツインメッセへ行けるプレッシャーと、練習走行がわずか2周しかできなかったことが、さすがのNさんでさえ普段の安定感を取り戻すまで少し時間を要します。

所々で軽いヒットと絡みを繰り返しつつも鉄壁の守りで3位キープ。
トップは1周以上先、2位は半周先、4位は1周後、5位はさらに1周後とまだまだ1ミスで順位が入れ替わるには充分な展開。
50分走ってそんだけしか差がないなんて、耐久のドライバーはバケモンか?(笑)

【この時点の順位イメージ 1位←←←2位←3位←←4位←←5位・・・・】


そしてレースは残り7分。
なんとここでインから外周に出るコーナーでコンクリートブロックに激突!!
すぐ立ち直すも、ん!

マシンが右へ左へタコ踊りしてるよ!!

足折れた?
アームもげた?
ホイール割れた?



・・

・・・

レース、終わった?




しかし直後、マシンは平静を取り戻し走行再開。
結局、ダメージは右フロントがべっこりと凹んだだけで済んだようです。あ、あ、焦った~ ヾ(;´▽`A``

と思ったのもつかの間、我がチームのマシンが目の前を通り過ぎるたび「ザザー」と嫌~な音がしてきました。どうもクラッシュで変形したフロントリップがロールするたびに地面と接触しているようです。ペースは変わりませんが、所々で変な動きが出始めています。

残り5分。
このまま走るとマシンの挙動に影響が出るし、バッテリーへ計算以上の負荷がかかり最後の最後でガス欠になる可能性も考えられます。
ここでピットの案は2つ。

●このまま走りきる  →ガメラスピン&ガス欠の危険性アリ
●回収して凹みを直す →4位に並ばれる。あと1ミスで出場圏外の5位に落ちる

念のため予備バッテリーを用意し操縦台と連絡を取ったところ「走行に問題なし」との連絡を受け、さらにバッテリーも最大容量のものを最後に搭載する作戦を取っており、13分以上はレーシングスピードに耐えられる計算だった事から、このままでのレース続行を決断。


さぁこの判断が吉と出るのか凶と出るのか。



そして5分経過。
レースは60分を経過しタイムアップ。
1位のチームがゴールし、後続も続々ゴールしていきます。

その時我々のチームは・・・・

DSC01879.jpg



3位でフィニッシュ!

ツインメッセ行き決定!!

最終的に4位に2周差を付ける走りに最後は痺れまくりでした。
もう頭の中では『負けないで(サライでも可)』が流れてましたよ~

レース後になんやかんやとありましたが、結局メッセ行きは変わらず。
先週予約したホテルもキャンセルしなくてすみそうです。

基本的にメカニックとドライバーを1人でやるラジレースですが、耐久ってのはみんなで1台のマシンを作り、走らせ、みんなで喜びを共有できるレースですね。
今回はスーパードライバー揃いだった為、監督としての仕事はストップウォッチでタイム測るだけのラクチン仕事だったので、こんなんでツインメッセ行っていいんですかね?
思いっきり他力本願というか勝ち馬に乗るというか、ある意味最高の抜け道ですな。
参加された皆さんホントお疲れ様でした&ありがとうございました。

11/23の決勝ではTさんがワーチャン出場の為、耐久には出れませんので新たなドライバーを確保しなきゃダメっす。
まぁこれは出る気満々のあの方にお願いするとして、ほかにもカーペット路面の攻略やドライバーとピット間の意思疎通など課題は山積み。
ドライバーには「カーペット友の会」にスポット参戦してもらうかな・・・

う~ん、耐久終われば西宮出て、あとはゆっくりと思ってましたが11月は怒濤のラジ月間ですな。

この冬には「あぁ、こないだメッセ行ったんだけど」
来年には「去年のメッセではね・・・」
再来年には「一昨年のメッセで走った時は・・・」
といつの間にか『ワーチャン出た私』を臭わせるスタンスな自分がいそうで怖いです(笑)

静岡は甘いか、しょっぱいか? その2

2007.11.06 10:30
我々の参加した第1レースは参加台数16台。このうち、60分走りきった時点での上位4チームが11/23にツインメッセで開催されるタミヤフェアでの決勝レースに駒を進める事が出来ます。
ですから無理に1位を狙うより手堅く4位入賞を目指す方がレース運びとして無難なのですが・・・やっぱやるなら1位狙わなきゃダメでしょ?

ってことで、オープニングラップのドライバーは2006年スイフト・2007年ミニ山陰代表の他にも様々な輝かしい戦績を持つワーチャンドライバーTさんにお願いしました。
スタートで飛び出て、あとは60分逃げ切る作戦です。

今回のコースレイアウトはこんな感じ。
DSC01876.jpg


だいたい1周25秒程度ですね。
なにやら以前のタミチャレで同じようなレイアウトで開催されたことがあるそうですが、参加メンバーのほとんどが『初耐久・初掛川』な我がチームにとって、どんなレイアウトでもアドバンテージは無し。
ピットの位置をよく見ると、コース1/4程度の所から逆走してピットイン。そこから計測ラインのすぐあとにピットアウトするレイアウトなんですよ。
だからピットインの度に1/4周はロスする計算ですし、クラッシュで修理を必要とする時も一旦ピットに引き上げて修理するルールですので、計測ライン手前でクラッシュするとピットに戻って再び計測ライン直後から同一周で再スタートとなります。
とにもかくにもクラッシュ厳禁ですので、攻めつつも壊さないドライブが鉄則ですね。

そんな思いを各チーム持ちながら、レースはスタート!
(※ここからレースレポになりますが、レース中は一杯一杯だったので、大体のイメージとレース後の雑談から構成していますのであしからず。)

スタート直後のクランクで混乱は起きるものの、そこは百戦錬磨の猛者、上手く抜け出して上位へ。我々のマシンは電飾が暗くてショボイ(スイマセン <m(__)m>)以外はいたって順調で、わずかな時間で仕上げたNスペシャル・GTチューンは大柄なコルベットボディを他車よりホンのちょっとだけ速く前へ進めます。

さすがはワーチャンドライバー、大きなミスやクラッシュもなく完璧な走りを続けながら順位は2位まで浮上。
普通なら初参戦で2位なら「うわ!2位だ!!」と興奮するのですが、その時の私は「え・・・Tさんより速い人っているんだ」との驚きの方が勝ってましたね。

そのまま2位キープで12分を過ぎ、バッテリー&ドライバーチェンジで初ピットイン。前日ホテルで特訓したNさん&T.Jrによるバッテリー交換は10秒を切る驚異の速さで、操縦台でのドライバーチェンジが追いつかないほど。
セカンドドライバーはジュニアクラス参戦3回で優勝2回、GT2400山陰大会準優勝、GT2400岡山大会ダントツTQを誇る驚異の12歳・N.Jr。もはやスーパーキッズという言葉が似合わない猛者に成長し、並の大人では全く歯が立ちません。
青い勝負ジャージで操縦台に立ち、ピットインでロスした時間を取り返すべく猛烈な追い上げを開始します。
【この時点の順位イメージ 1位←2位、3位、4位、5位・・・・】



が!


猛烈すぎてクラッシュ(笑)
アッパーアームがはずれたようで計測ライン手前でスタックする大ピンチ!
このピンチを救ったのがマーシャルとしてチームに同行してくれていたT.Jr。サッカーで鍛えた瞬発力で、もの凄い速さでピットへ持ち帰り、もの凄い速さでリリース(驚)
順位は一気に6位以下まで落ちますが、最低限のロスでレースへ復帰です。
ちなみにT.Jrも去年のワイン城&西宮大会ジュニア優勝、今年の岡山大会ジュニアクラス優勝ドライバーです。優勝者をマーシャルで使う我がチーム・・・贅沢ですなぁ。( ´-`)
つーかタミグラ優勝経験が無いのは・・・監督である私だけか(笑)

【この時点の順位イメージ 1位←←←2位、3位、4位、5位、6位・・・・】

レース時間はまだタップリ。このクラッシュで目が覚めて、安定した走りにモードチェンジするかと思われましたが・・・


さっきより攻めてるよ! ∑(゚ロ゚;)

「やべっ!って思って、スイッチ入っちゃいました」:ドライバー談

コース仕切りギリギリを通す、見てるコッチの尿道が痛くなっちゃうような激走で、あれよあれよと上位浮上。気付けばまたも2位で2度目のピットインです。

【この時点の順位イメージ 1位←←←2位←3位、4位←←5位・・・・】

今回もピットクルーは迅速な作業でTさん2度目の出走をアシスト。
この頃になるとレースも中盤を迎え、順位に大きな差が出始めます。全周全域にマシンが散らばり、60分走りきるまで結果がわからない耐久レースの性格上、周回遅れも道を譲ってはくれません。どこでもサイドバイサイドの接戦が続きますが、我らのドライバーは自らのラインを乱すことなく自然な形でバックマーカーを次々パス。
このあたり、さすが走り慣れている感じですね。

このまま12分走りきって2位をキープしたまま、3度目のピットイン。
ここからレースは残り半分を切って24分です。

ふたたびN.Jrが操縦台に上がり・・・


やっぱりさっきより攻めてるよ!!
Σ∑(゚△゚;;)



もう何も言いますまい。ヤングライオンにチームの命運をまかせましょう。
2位キープでも出場権は得られますが、獲物をとらえた野生の血は誰も止められません。
パイロン代わりに設置されたタイヤのわずか数cm横をすり抜け、私の膀胱にダメージを与えているとはつゆ知らず(笑)、ひたすらトップを追います。

【この時点の順位イメージ 1位←←2位←3位←←←4位←←5位・・・・】

しかし好事魔多し。

レースも終盤となり、トップまで半周と迫ったところで集中力の切れたマシンが出始めます。あちこちで単独クラッシュが発生し、バッテリーが完全にたれた状態で走るマシンもチラホラ。マシン間の速度差も相当なものとなり、絡み絡まれペースが落ちます。
さらにバックマーカーを追い抜こうと無理をした時にヒット!
ピッタリ後続に付けていた車に抜かれ3位転落です。

幸いダメージは小さく、ずれたトリムを走行中に整えながら3位キープで最後のピットインへ。

【この時点の順位イメージ 1位←←←←2位←3位←4位←←5位・・・・】

時計はここで10:02。レースは残り12分。
最後の12分間は昨年の西宮大会ビギナークラス優勝、GT2400山陰大会3位、抜群の安定感を誇るNさん操るマシンが最後のピットアウトでコースへ復帰します。

このまま3位をキープすれば出場権が得られますが、この後まさかの展開が・・・



つづく

静岡は甘いか、しょっぱいか?

2007.11.05 11:37
この日曜、掛川タミサーキットで開催された耐久レースに参加してきました。
えーと、写真とか無いので端折っていきますがご了承下さい(笑)

レース前日に静岡入りした我々は下見として掛川サーキットへ。
その日はクラージュとGPのレースが開催されていましたが・・・

耐久に出る選手が大挙して出場してるよ!

コース攻略を兼ねて前日のレースから出場する・・・ラジバカヲタの思考回路を舐めてました。

その後操縦台やピットをチェックし、一通りレースを見学した我々はホテルへ戻ってバッテリ-充電やバッテリー交換の練習、タイムスケジュールの見直しやドライバー順序変更など翌日のレースに向けたミーティングをし、部屋に帰ってからは持ち込んだノートPCでライバルチームの情報と『としおさんの耐久参戦記』をチェックして、レース開始までの流れをシミュレーション。23時頃には万全の体調でレースへ挑むべく早めの就寝と相成りました。


翌朝5:30、誰1人寝坊することなく予定通りサーキットへ向けて出発。
サーキットへは6:30到着でしたが、「到着一番乗りだったらどうしよっかー?」なんて軽口を叩いていた我々が見たのは・・・すでに行列している車の列、その数11台!

えーと、一応確認しますよ。
第1レースの車検受付は8:30からで、このヒートには16チームが参加。1チーム2台で来てるとして、すでに5チームは6:30より前に来てるってコトか・・・おそるべし、聖地!
(しかしほとんどが地元ナンバーの中、岡山ナンバーの我々の方が気合い入ってるように見えたでしょうね。(^_^;)

そうこうしてるうちに時計の針は8時前。すでに行列は50台近くまで伸びていました。

もう一度確認しますよ。
第1レースは8:30から車検で、9:00レーススタート。第2レースは10:00から車検で、10:30レーススタートです。
まだ8時前だよ・・・ね(笑)?

実はこうやってみんなが早く来るには理由があるんですよ。
もちろん先着順で常設ピットテーブルを確保できるので、コース側に近いところを押さえたいってのもありますが、車検受付開始からレース開始までの時間が25分しか無く、その間でレース準備や現地で購入したモーターの配線、さらに練習走行までもこなさないといけないので一刻も早く車検を通す事が練習時間の確保に繋がるんですわ。ですから車を止めるとみんな一目散にダッシュしてテーブルを確保、さらに車検待ちのテーブル前へ並ぶんですね。

しかし事前にこの情報を仕入れていた我々は、駐車場開場と同時に秘密兵器T.Jr&N.Jr、通称"ダブルユー"をピッチへ投入。おっさん連中が荷物を運び入れる前には、コースに近い位置のピットと車検待ち1番を制圧しておりました。ホホホ、恐るべし頭脳プレーですな。
さらにモーターチケット購入もT奥様に依頼し、ピットではマシンと充電の準備をしながらエントリーは着々と進行。車検に持って行くのが少し遅れましたが、結局8:25に2番で車検を通し、ここからレースに向けた最終準備が怒濤の如く押し寄せてきます。

レース開始までにやる事(30分間)
・コースレイアウトの確認
・ドライバー3名の練習走行
・バッテリー交換の練習
・トランシーバーのテスト
・モーターチューン
・ネームプレートを操縦台反対側の周回表示場にセット
・タイムスケジュール再確認
・バッテリー充電の予約セット
・時計合わせ
・練習後、本番用モーターに交換

ハッキリ言って他チームの様子を見る余裕などありませんし、写真撮るなんてとてもとても。
結局8:55開始のコンデレには間に合わず、ヒーヒー言いながらグリッドに並べるのが精一杯でした。

そして時計は9:14。
予定より少し遅れて、ツインメッセ行き4枚の切符をかけた第1レースの火蓋が切って落とされたのでした・・・



つづく(笑)

下見

2007.11.03 16:11
20071103161143


決戦前々夜

2007.11.02 08:32
さて11/4に掛川に行われる耐久レースまで残すところあと2日となりました。
遠方より参加の我々は前日から静岡に乗り込み、ホテルにて酒宴ミーティングを重ねて翌朝の戦いに挑む所存でございます。なんかワークスみたいだね(笑)

ってことでレースの準備を出来るのも今日まで。
泣いても笑っても後悔だけはする事のないように、最後に1つずつ確認していきましょう。

●静岡で美味しいもの調査
●ホテル周辺の歓楽街調査
●おみやげの豊富な店調査

ヾ(;´▽`A``
正しくはコッチ。

●ボディ・・・指定通りのラインでカット終了。電飾は両面+アルミテープで固定。コネクタはKO。ボディ穴だけ現地であける予定。

●コミュニケーション・・・操縦中のドライバーとピットエリアとはトランシーバーで交信予定。

●エントリー用紙・・・レース時にアナウンスされるチーム説明の用紙も必要以上にびっちり記入。これでいじりまくられますよ。

●レース管理・・・ノートパソコン持参予定。管理用ソフトは今から作ります(笑)

●戦略・・・スプリントを60分続けるだけ。あとはナイショ。

●タイムテーブル・・・今晩練り直します。

●ネームプレート・・・AKIRA氏より素晴らしいものをいただきました。

NamePlate01.jpg


マジで超格好良くね?
さすがに紙のままってワケにはいかないので、プレート化する方法を検討中。


●ストップウォッチ・・・今晩買いに行きます。

ボディ以外は全然進んでいない気がしないこともないこともないですが、あー、それはたぶん気のせいです。ウヒョヒョヒョ。

ではこれより情報統制の為、しばらく鉄のカーテンを引かせていただきます。
ベタ凹みなら1週間くらい消えます(笑)

ボタンの掛け違え方

2007.11.01 07:10
そんな事やってる場合じゃないってのは痛いほどわかってたのですが、もうどーにもこーにも作りたくて仕方なくなったワイルドボア。
もうさ、やりたいことやらなきゃ身体に良くないっしょ?
ってことでいそいそと製作を開始しました。

ボディ作りでまず悩むのはデザインですが、今回はたまたま『Zガ○ダム劇場版三部作』がCS放送でやってたのを見て「これでいっか」とあっさり決定(笑)

まー正直、本放送時見てないし映画も見てないのでさっぱり内容はわかってないんですが、単に色をパクるだけなのでストーリーなんてのはどうでもいいっす。

まずカラーリングをチェックしますが、白/青ベースに赤・黒・黄でワンポイントの連邦軍定番カラーって感じ?
ちょうど塗料が全色揃っていたので、出費が抑えられて良いですな。

では作業に入ります。
まずベースとなる青と白を吹きます。
DSC01847.jpg


続いてコクピット部をイメージして真ん中を赤に。
DSC01849.jpg


黒と黄でワンポイント。
DSC01852.jpg


このままじゃ寂しいので、そこら辺にあったステッカーをペタペタ。
DSC01851.jpg


忘れちゃいけないのが電飾ですね~
凹型なのでラインにピッタリフィット。多い日でも安心です。DSC01866.jpg


ついでにフラッシングするPIC制御も入れました。
DSC01860.jpg


さぁこれで完璧にZガ○ダムをイメージしたボディが出来上がってるはずですよね?
出来てないとおかしいですよね?

しかし結局出来たのが・・・
























マジで見る?













仕方ないな
















DSC01865.jpg

出来上がったのはZガ○ダムじゃなくて、アナハイム社製のJ○F車両だったよ!




ジャンプでスタックしたら即座にレッカーしに駆けつけますので、皆さん安心して飛びまくって骨折してください。(ロ_ロ)ゞ

確信犯?なにそれ。(´ー`)y-~~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。