2008年03月 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちった

2008.03.31 10:11
この週末は久々にラジ予定のない土日。
いや、正確に言えば『東京まで行ってTRFサポレースに出るつもりだったけど、ラジ荷物持って新幹線乗るのってどうよ?って諭された』事件もあり、怒濤のレース月間となった4月を波風たてず乗り切るための家族サービスデイと相成った次第でございます。

でさ、朝からお出かけーって土曜ね。
起きたら腰痛くて歩けねえでやんの、ワタシ。(^_^;)
金曜に無理な姿勢で仕事しかのがたたったのか、寝たきり老人ならぬ「座ったきり中年」状態で寝るのも歩くのも辛くて、結局土日ともリラックスチェアーに揺られる日々を過ごしました。

( ´-`)

・・・家族の目が痛いぜ。

ってことで2日間椅子に座り続けるついでに細々とラジ作業。バカは死ななきゃ治りませんわ。

●素05にNSX07を載せてみた
ボディピンを全抜きして、フロントダンパーステーが当たる位置まで下げて載せてみました。

SANY0055.jpg


カッチョわるー
ターマック?グラベル?
フェンダーが1cm位あいてますよ。
350Rだと素05にも違和感なく載るけど、NSX07は無理っぽだな。


●アルミバルクの罠
先日コメントで「アルミバルクに重大な欠点が・・・」と書きましたが、具体的に言うとバルク自体の問題ではありません。アルミバルク用デフベアリングホルダーの形状と精度が問題なんですよ。

SANY0041.jpg


見ての通り、アルミバルク用ホルダーは形状がノーマルと大きく異なっています。ベアリングをすっぽりとフラットに包み込む形でして、さらに微妙にホルダーの内径が小さいんです。エキパな方なら駆動ロスを考えて、事前にヤスリで削っておくのでしょうけど、何も考えなかったワタシはベアリングをそのままゴートゥホルダー。

ってことで
・ホルダーがキツキツなので、ベアリングを入れにくい
・ベアリングがすっぽり包まれているので、ベアリングを抜く時に引っかける所がない
・キツキツにはまっているので、指でコジってもベアリングが抜けない
てな感じで、一度はまったベアリングを抜くのが超大変。
ホルダーを傷つけないよう、ベアリング側を小さいドライバーでコジって取り出した時にはシールドボコボコ&駆動ガラガラの激重でゴートゥーヘーール。

SANY0044.jpg
結局シールド取っちゃった・・・

ま、ホルダーの形状が幸いして、シールドが無くても異物が内部に進入しないってのは神設計?(笑)
とりあえずそのまま使ってますが、大丈夫かなぁ

そうそう、もし「オッス、オラ悟○。オラもホルダー削らないでベアリング入れちったけど大丈夫かなぁ、チチ?」って人には↓の方法をおすすめ。

SANY0047.jpg
05用ワンウェイカップを立てて、その上からベアリングの入ったホルダーを押しつけます。

SANY0048.jpg
これでサクッとベアリングが抜けますので、不安な方はお試しあれ。そして一旦取り出したら、スッと入る程度に紙ヤスリで削るのをお忘れ無く。


おー、今日は人の役に立つネタですな。
珍し(笑)
スポンサーサイト

両立は難しい?

2008.03.28 08:25
二兎を追うものは一兎をも得ず・・・

そんな格言にもあるように、一般的なスキルやスペックでは2つのことを追求し両立させることは困難ですよね。
もちろん本人の努力や設計の妙で見事に両立させている事例もたくさんありますが、チョットやそっとの頑張りではなかなか上手くいかず、結局両方ダメにしてしまう事も多いかも。

若い時なら勉強とクラブ活動?
もうチョイ大人になると学業とバイト?
さらに歳をとると、遊びと仕事?趣味と実益?本妻と愛人?

そんな相反する物事の狭間で生きているから「人間」というのかも知れませんね。

で、今日はそんな相反することを見事に両立したと思ってたのに、使い込んだらボロが出てきたよ!
な話を少々(笑)



SANY0036.jpg
↑某鷲製ステアリングホイール

値段良し、デザイン良し、タッチ良しなナイスアイテムです。
(コ●ー商品ぽい・・・つーか、そのものだろこれ!って突っ込みはスルー)

取り付けた時から分かっていたことですが、M11用はM8用と同じ寸法となっていてステアリングホイールの"厚み"もM8サイズなんですよね。

SANY0037.jpg
上・M11純正 下・鷲製

実はこれ、オフセットがM11純正より微妙に小さいんですよ。厚みが増してオフセットが小さくなっても操作性に大きな支障が出るわけでもないので問題なく使ってましたが、意外な落とし穴が・・・


SANY0038.jpg
↑M11純正ホイール

SANY0039.jpg
↑鷲製ホイール

違いわかりますか?
純正品はステアリングホイール両サイドにリブが立っていて、スポンジが前後に動かないように固定していますが、鷲製はプロポ本体側にリブが無いんです。

ってことで、ガシガシガシガシ使ってると

SANY0040.jpg
こんな感じにスポンジが奥にズレ始めます。

こうなると「オフセット減による本体とステアリングホイールの隙間減少」+「厚みの増したステアリング」のコンボ炸裂でスポンジ部が本体と接触し、ステアの動きをスポイルしてくれます。
感覚的にはニュートラルに戻るバネを無くしたプロポって感じ?
10切ったら、手動で10戻さないと真っ直ぐ走りまへんがな。

対策としては
1.ハブにスペーサーを入れる
2.スポンジの端をカットする
3.スポンジを両面テープで固定する

くらいかなぁ。
4月はレース目白押し(多分3回くらい)ので、レース中に「ステアがもどんねー!!」って叫ぶことのないようにしっかり対策します、ハイ。


<まっちもーの件>
昨日書いた代理店閉鎖の件ですが、昨晩公式発表があり「マッチモジャパンは閉鎖、4/15頃からマッチモレーシングジャパンで再開します」ってことみたいです。
これで一安心ですな。

小ネタの3乗

2008.03.27 08:22
●着手しました
昨年購入したものの、インテックス~ワイン城では開催されず、岡山大会では開催されるものの私の住む関西地区からはエントリー出来ないため、完全に使い道を失っていたコイツにようやくとりかかりました。

SANY0035.jpg
DB-01 ドゥルガ

おっさんバギー部・部長にして、唯一組み立てて走行させた実績を持つMさんが「なんとか組み立ててくれ!」と泣いて頼むので(嘘)、おっとり刀ながら4/27に間に合うように組立スタート。

とりあえず昨日は箱を開けて中身のチェックから。
意外と部品少ないから簡単かな?なんて思いつつ、ボディの下にあるボール紙をどけると大量の樹脂パーツが・・・

ε-(´・`) フー

そのまま箱を閉じて寝てしまいましたとさ(笑)

シャーシを触りましたが、バカみたいに堅いのでやっぱタップ切らなきゃダメっぽいな。
まずそれを入手してから続きやりましょうか・・・
とりあえず最初からこれ入れとけ!ってパーツありましたら教えてくださいませませ。
タイヤもいきなりハイデンCがいいのかな。

●タムギア新車
ポルシェ934→288GTO→カウンタックとスーパーカー路線を歩む、GT-01シリーズの次のモデルは・・・

ポルシェ935マルティニ


だそうです。もう雑誌に出てましたかね?
前期型なのか後期型のフラットノーズなのかわかりませんが、1/12タムテックの後を追うラインナップになるみたいで、楽しみですね。ま、ウチのGT-01は1年完全放置プレー中ですが(笑)
ワイン城でも出るかどうか悩んでるんですよね。出るなら団長スーパーZ作りたいけど、バギーも作るとなると時間がどうしても足りないし、ハンパなモン作るくらいなら最初から手を出したくないしね。


●まっちもー
muchmorepackequalizer-1.jpg
ストレ-トパック用放電器出るみたいです。タミにはNGですけど、普段使い用にはなかなかよさげですね、うふふ。


でさ。
この情報探してる時に見つけたんだけど、マッチモジャパンが今週いっぱいで締めるって噂はホントなんですかね。まぁ代理店が無くなっても、どこかが扱いを引き継いでくれれば大きくは困らないと思いますが、ワーチャンの会場にブース出して作業してたのも本国の社長さんだったらしいし、代理店としての営業活動はあまりだったのかな・・・
もし引き継ぐとしたら、
OEM関連でオリオン?
オリオンつながりで京商?
AH氏つながりでHPI?
ミラージュジャパン?
マッチモUKつながりでABC?

まさかTRFつながりでタミ扱いになったら、もはや神展開ですな。

公式サイトではなんも情報でてませんので、しばらくは事態を見守る必要がありそうですね・・・

年度末だねぇ

2008.03.26 08:20
いやー、こないだあけましてオメデトーってやたっつもりだったのに、もう3月も終わり。
歳とると1年が早くてたまんないっすな。

仕事の方も年度末って事に加えて、4月からの部署替え関連で引き継いだら引き継がれたり、会議があったり打ち合わせがあったりともうね・・・死ぬ(嘘)
誰もいない深夜の職場で1人キーボードを叩くのは寂しいんで、残業のお供にミニッツでも持って行こうかと考えてる今日この頃です。
オフィスサーキットを爆走して1位ゲットだぜぇ・・・・・・って

もっと寂しいなぁ。(TεT;)


まー、そんな感じにリアルに熱さまシート装備で仕事に励んでる間に、岡山大会の申込書がアップされてチョットした話題だとか。
もちろん話題の中心はバギークラス開催!ではなく、中国・四国・九州地方の方のみエントリー可能、他地域は来んなってことですよね?(ちょっと脚色)

休日名古屋では東日本のサポーターのみ優遇して、岡山大会は地元のみエントリー可ですか・・・

タミの中の人って関西弁嫌いなん?(笑)


岡山大会は東名阪以外で開催される大会としては貴重な企画ですし、タミグラ熱の高い地域ですからね。そこのユーザーのために大会を開催することは正しいし、出来るだけ地元の人に参加して貰うために他地域はエントリー不可にするのも納得出来ますよ。
私が運営側でもそうします(笑)

ってことは

前週のワイン城は関西地区の人全員通してくれるのよね?
非サポでも少なくとも他地域の人よりは優先してくれるんでしょ?

そのあたり楽しみにさせて頂きます。

っつーことで4/26~27の予定が空きました。
噂によるとぽけっとさんやライトさんでタミチャレがあるとか?
しかもぽけっとさんではバギークラスがあるって?

ついにDB-1の使い道、出来タ━━(゚∀゚)━━!!!!

とりあえず今週末から組立入るか。組立が「間・に・合・え・ば」シェイクダウン=生まれて初めてのバギー=レースって最強コンボで撃沈だな、こりゃ。

ワカラン!

2008.03.24 12:31
この週末、午後から雨予報と言うこともあり某インドアコースでGT3700へ向けたカツカツ走り込み・・・らしきことに励んできました。

この日は測るんジャーも持ち出して、セットを変えてはタイム計測→セット変更→タイム計測でベストのセットを出すつもりだったんですが、もうね、正直ようわからんっす。

ハイグリップカーペット路面+GTチューン@7.16+Aタイヤでは、バネ変えようがキャンバー変えようが、スキッド角変えようがドラマチックな変化は感じ取れず。ステア切ったら切っただけ曲がるし、ヘアピン以外は全開握りっぱでクリヤー出来そうなヤバイ雰囲気。

結局、ボディを色々変えて試して見るもタイムへの影響は微々たる差で、この程度のギヤ比だと実際の所どれだけパンチのあるバッテリー使えるか?がタイムを出す出さないの大きなポイントみたいでしたね・・・

はぁ、とりあえず3700HVの新品を何本か用意しなきゃダメか。

ボディもNSX07をどーーーんとシェイクダウンしてみたんですが、いやぁワタシのような鈍い人間にはニントモカントモ。
350Rほど直線が伸びるわけでもなく、Z4のように回頭性が良いわけでもなく、NSX05のように前後バランスが良くてオールマイティな感もなく・・・
まぁ、見た目が超絶カッコイイのは特大のアピールポイントですけどね(笑)

SANY0033.jpg
↑ボディマウントは短くするので大丈夫

それでも5パックほど使ってみて、IFS+NSX07にはそれ相応の走らせ方があると感じました。
私の05は曲がらないIFSシャーシにクイックなZ4ボディを載せてキビキビ感を出しているセッティング。シルビアや350Rだとアンダーが強くなっちゃうんですよ。
そんなIFSに07NSXを載せるとどうなるか?

基本はアンダー傾向で、握りながらラインをトレースする高速コーナーなんかはラインが外に膨らみがち。そこから減速して曲がり込む時もスロットルを抜く位置と量で動きが全然違うんですよ。コーナーへの進入でアウトからクリップに付こうとする時もスロットル抜く量が足りないとドアンダー、抜きすぎるとインに刺さる(笑)
これが箱ボディより相当シビア。一旦ラインを外すと修正が難しいっす。
さらに旋回速度が箱ボディより速いのでコーナリング出口の加速ポイントも重要。箱車と同じポイントで考えてると、立ち上がり遅れで膨らみすぎアンダーって感じですわ。

さらに荷重移動もしにくいので、コントロールタイヤだとタイヤグリップを有効に使い切れるかヒジョーに不安です。
逆に言うとステアとスロットルにメリハリ付けて、加減速タイミングを上手くハメることができれば戦闘力は高いはずですよ。しかも握れば安定、しっかり抜けばピクピクなんで、こりゃ相当な技術が必要なニュータイプ向けボディですな。

そんな感じでしばらくはギヤ比7.16で遊んでたんですが、コース上はビギナー車有り、23Tであろうカツカツボディのツーリング有り、DD&F1ありな『第1回直線番長決定戦in京都』なカオス状態では7.16じゃあまりに遅くて周りに迷惑をかけてる気がしてきたんで、途中からギヤ比5.6にカチ上げて"NABEさん@岡山大会行っちゃうぞ"とチキチキ合戦。
このくらいのギヤ比になるとバッテリーの差も出にくく、純粋な技術勝負になるからホント楽しいよね。コース上で飛び交う高速魚雷を避けたり刺したりしながら、目眩がするほど遊んできました。楽しかったー

お手々の矯正については、慣れたコースということもありチキチキやり出すと握り過ぎの癖が多発。遅い車をパスしようと握り過ぎ、速い車を先行させようと後ろ見すぎてオーバーラン・・・西北じゃ上手くできたけど、もう付け焼き刃取れたみたいでホント駄目。
もっと練習しよっと。

今日の収穫
●ギヤ比7.16で大きく差が付くのはバッテリー
●ギヤ比7.16ではボディの差はそんなに大きくない
●07NSXボディはニュータイプ向け
●ハイグリップカーペット路面ではタミグラの練習にはなりません
●1階の近商ストアではフランクフルト8本358円

さぁ、今日の晩飯はフランクフルト2本がおかずだ・・・

君のためなら死ねる(嘘)

2008.03.22 13:19
長い長い沈黙を破って

キタ━━(゚∀゚)━━!!!!

73.jpg

HB サイクロンTC!!!

アンディムーアエディションで、性能も価格もゴージャス&リッチにピークを迎えたモデルから急転直下。最初期サイクロンに通じるシンプル&クリーン、スマートでシック(?)なモデルに回帰しました。
ヤッホイ、えらいぞ、ホットボディーズ。

今までのモデルが素サイクロンにフルオプ突っ込んで、ネームシグニチャー付けたスペシャルモデル扱いだったに比べて「TC」は純粋なマイナーチェンジモデルって立場かな。
最近のハイエンド車はモデルチェンジ→大幅値上げってのがパターンでしたが、「TC」は定価59000円(税込み61950円)と激安。
TT01が8000円で買えることを考えると、もうすっかり脳が麻痺してるような感覚を覚えなくもないですが(笑)、416が定価74800円(税込み78540円)だと言うことを考えれば、世界チャンピオンを総なめするなど輝かしい実績を持つサイクロンのニューモデルがこの値段なんて破格値でしょ?

えーと、えーと、416が実売44000円くらいでしょ。
サイクロンSの値引率が30%位だから、それと同じで行けばサイクロンTCも実売44000円くらいか。

ごめん、同じ値段ならサイクロンTC行きます、ワタシ。
死ぬほど愛し抜いた初代サイクロンのシャーシがもうヤレヤレで、アルミバルクも歪んでる現状。デフも古いし、プーリーも旧型のママだし、まとまった資金が入ったらフルメンテしようかなって思ってた矢先ですからね~

05MS売ってもいい。エボⅣなんて捨ててもいい(ちょっと嘘)
TT01なんて2台まとめて川に流してもいい(ちょっと本気)
これは買わなきゃダメ、ワタシがワタシらしくツーリングをするならこれは買わなきゃダメ。

え?使い道?

フフン。
使い道が年1回のJRM主催レースだけでもいい。
ドリ車にしたっていい。

はぁ、でもこれでタミグラ出ちゃダメ?(笑)

大阪南部が熱い?

2008.03.21 12:18
昨日3月21日、ラジ天貝塚店がオープンしたそうですね。
宇治天と同じくインドアにグリップ・ドリフト・ミニッツの3面カーペットコースを備えているそうで、湾岸線を使えば家から1時間チョットの道のりですし、駐車場や料金の条件が良ければ一度行ってみたいですな。

さらに3月29日には、日本におけるインテレクトの総本山・セイキが移転した事を受けて、これまたグリップ(アスファルト)・ドリフト(パンチカ)・ミニッツの3面を備えた大型インドアサーキットがオープンするみたいですよ。

以下公式から拝借。

on2.jpg
EPオンロードコース(全長145m)今年の世界選手権が開催されるタイのサーキットをイメージしたレイアウトです。
アスファルトは、細粒+微粒子の三層仕上げです。


bd.jpg
「バッテリークリニック」コーナーには、ターボマッチャーやバッテリーチェッカーを配置しました。

b1.jpg
バンド管理は電光板と管理ボードの併用になります。バンドのご使用は、バッテリー1本または15分以内となります。15分経過しますと掲示板のランプが点灯します。



これまたウチから1時間半くらいかな。
なんだか本格的なサーキットのようですし、冠大会とか開催されそうな雰囲気ですね。

大阪南部にはチャンプがあるし、ラジ天泉大津もありますよね。ラジ天本店もあるのかな?
Rサーキットとかオプトってのは? 羽曳野にもなんかなかったっけ?

最近は兵庫と京都ばかり行ってますが、大阪南部~奈良あたりも機会があればボチボチ行きたい所ですな。
まぁとりあえず言いたいことは。

早くイチ尼復活してくれなきゃ浮気しちゃうぞ!

平日夜中0時までやってるサーキットがないと、しがないサラリーマンには練習する時間もままならないってのを痛感してます・・・ (・_・、)
ホント早く復活してください・・・

やってみよう、塗ってみよう

2008.03.19 08:19
昨日、ワイン城での参加クラスについてはギリギリまで悩みますと書きましたが・・・
昨晩、急転直下で決定致しました。(*^▽^*)ェ

まぁ、誰も知りたくないでしょうが、一応書いておきます(笑)

●参加クラス
4/20 GT3700&撮影クラス、のある意味Wエントリー

同じクラスに参加される方はよろしくお願いしまーす。

ってことでクラスも決めたことですし、ボチボチ準備に入りたいと思います。
まずシャーシですがIFS、素05、05MSが候補に挙がりますが、さてどうしましょうかね。
今年一番使ってるのがIFSだけど素05のほうが戦闘力あるって言うし、05MSなんてここで使わなきゃどこで使うのよ!?って立ち位置でしょ。

(゜ペ)ウーン

でもここは無難に使い慣れたIFSだな。シェイクダウンでレースに出て結果出すのはエキパにのみ許された遊びでしょう。

続いてボディの選定。
レギュでは350R、SC、NSX05、NSX07、スープラ、Z、GT-R03の7種類のみが指定されており、このうち持ってるのは・・・あ、全部だ(笑)
でもさ、シャーシをIFSに決めたからボディもそれ専用が良いよね。だからここはNSX07で行くことにして、いきなり製作に入りました。

SANY0026.jpg

とりあえずカットだけして載せたところ。
実はコレ、某ニュータイプの父より『これ使ってもっと練習して』と頂戴したボディです。いやー嬉しいですなぁ、ありがたいですな。お返しの例のもの、鋭意準備中ですので楽しみに待っていてくださいね。

さて、気になるボディマウントの位置ですがフロントは下から2~3個目の穴位置。
SANY0027.jpg
350Rより一層低くなってるので素05にはきつそうですな。

リヤはデッキの低さと長さが際だつ感じ。
SANY0029.jpg
こちらは素05用カーボンダンパーステーで1番下の穴位置でも余裕あり。
全体のフォルムとしては"薄い!"ってのを強く感じます。なんとなく、空力重視ってのよりもリアリティ重視な造形になってる気がします。ザクレロカラーよりも取説通りに塗る方が格好良さげだな。

ところでこのボディ。
発売前は「タミヤ最強ボディ?」なんて期待感が溢れまくりで、発売からしばらくたった現在なら

「ボディを変えたら、ラップが0.2秒上がった」
「初めてAメインに入れた」
「巻き巻きだったマシンがちゃんと走るようになった」
「totoで6億当たった」
「生き別れた家族と奇跡の再会を果たした」
「背が20cm伸びた」
「競馬で連戦連勝」
「彼女が出来た」
「クララが立った」

などの絶賛レポがあっちゃこっちゃに・・・と思ったら、意外と無いんすね。
数少ない情報を見ても
「意外と普通」
「グリップ感が薄い」
など、イマイチ不安なことしか書いてません。

まぁともかく自分で試してセットして、どうか?ですね。
今週中には塗り上げて、来月にはサーキットで試してみたいです。

悩む・・・

2008.03.18 11:39
インテックスから約2ヶ月。非常に短いインターバルで開催されるワイン城での開催クラスが発表になりました。
しばらくタミグラ出ねぇ!とか言いつつ2ヶ月でレースに復帰するあたり・・・一部の方の期待に添えなくてホントゴメン(笑)

でまぁ、もう皆さんチェック済みかと思いますが、やはり注目ポイントはここでしょ?


バギークラスがねぇYo!!!

_| ̄|○
ウチにあるドゥルガのキット、開封されることはあるのでしょうか・・・


き、気を取り直して開催クラスですが
●1日目:ジュニア、ビギナーズ、ストチャレ(Dじゃないよ)
●2日目:GT3700、DDツーリングS、スーパータムテック

Wエントリーは同日のみ可で、2日連続は不可能っつーこと。
ラジ馬鹿なおっさんズがWエントリーするなら、実質2日目しかねぇってことですな。

個人的にはインテックスでB-3に終わったストチャレにリベンジしたい気は満々です。最近はずっとZ4でセット出ししてるし、モーターもタイヤもあるし、バッテリーだけ追加で買っておけば用意は万全だしね。

でも、みなさんはほとんど日曜に出るんじゃないですか?

GT3700って名前だけ聞くと上のクラスに感じるけど、GTチューン@7.16なら宇治天で遊んでるより遅いし、2年前のN1クラスとほぼ同じでしょ?
ポイントでクラス分けされるみたいだし、真剣に上位目指さなければ楽しめると思うんだけどね。IFSにNSX2007載せてもいいし、盆栽の05MS出すチャンスでもあるし(笑)

Sタムテックにも出るなら、280ZXを西部警察仕様に仕上げてコンデレ狙うってのも面白そうじゃない?
いずれにせよ、2日目に出るならGT3700とタムテック両方でボディ製作からセット出しまでを完了する必要がありますな。う~ん、そんな時間あるのか、自分。
でも大人数で参加した方が楽しいから、知った顔の多い日にエントリーしたいしなぁ。

レース結果だけを追求するならストチャレ。でも1人じゃ寂しい。
レース準備を含めて楽しむならGT3700+Sタムテック。でも時間が足りない&結果にはベタ凹み。


ギリギリまで悩みます・・・

05祭りでワッショイワッショイ

2008.03.17 21:06
この日曜、今や関西GPのメッカとなっている西北レーシングパークさんにて行われたEP走行会にお邪魔してきました。
約半年ぶりの西北へ予定より少し遅れの8時15分頃に到着した頃には、既に沢山のEPマシンが周回中。貸切日以外の西北でこれだけEPが走ってるのを見るのは初めての光景で、期待が膨らみます。
コース脇にピットを設営し、コース習熟に一通り走った後の記念撮影からスタートです。

SANY0009_edited.jpg
箱ボディ集合な図

その後Mさんも下道で2時間半かけて来られましたので、とりあえず2台で記念撮影。
SANY0010_edited.jpg

さぁさぁだんだん日差しも暖かくなり、絶好のラジ日和の下で走行会の始まりです。
今回はポンダーを貸与して頂けた(感謝!)ので、全車ポンダーを積んでラップ計測&模擬レース形式でのチキチキバトル。まずはレギュ通り、GTチューン@ギヤ比7.16+500円タイヤでスタートです!

でさ~
もうさ~


・・
・・・ダメよ







楽しすぎだから!

最大11台が疾走するコース上は、広い西北といえどもあっちゃこっちゃで超接近戦が勃発しまくり。絶対速度が遅いこともあり、サイドバイサイド&テールトゥノーズ&テールトゥサイド(?)が自由自在で、全身から色んな汁がじわっと出そうな程ヤバイ楽しさです。



先行すれば後続集団が追いつくまでスローダウン、引き離されれば待ち伏せしてトップ集団に合流するなど、順位よりもチキチキ重視!なノリを保ちつつ、操縦台では先行車の集中力を切らそうとメンタル面への"口撃"合戦も同時勃発。

A「若いお姉ちゃんが見学来てるよ」
B『それもう歳いってるから』
C「よう見とるな~」

「あ、テーブルの上のもの飛んで行ってますよ」
「なんか今、(実車の)ホイールパクられてるんちゃいますか?」
「大鶴○丹とマ○シアが結婚したきっかけは”俺たちのオーレ”ってドラマですよ」
「榊原○彦って、昔の芸名"榊"でしたよね」

後半はラジと全く関係ない無駄知識の披露大会になりながらも、口撃された人より言った本人がミスることの方が多く、「バチ当たったで~」って大笑いしながらバッテリーがたれるまでひたすらチキチキ。
その後はさすがにこのギヤ比じゃ遅いってことで、ギヤ比を6.0付近まであげて子供のように日が暮れるまで遊んで、お腹いっぱい大満足。

途中、某天では走行数周でダメ出しを食らったKY-01バギーが走ってたり


あまりに調子良いんでそのままグリッドについて、F1も交えた12分1本勝負な異種格闘技戦があったり
SANY0018_edited.jpg

「後ろからバギーキタ━━(゚∀゚)━━!!!!」
「ガブッといっちゃうぞ~」
「逃げろー ウキャキャ」

夕暮れには2台合計で29灯ものLEDをいれた電飾マシンをウットリしながら走らせたり
SANY0025_edited.jpg
↑左側、NABEさん作の自称・「幕末ボディ」シルビアが「スケッチブック」「幕末塾」「彦麻呂」「巨人」「ジャイアンツ」「読売」「南出君」「長嶋」とあだ名を沢山付けられ、さらにMさんのZ-TUNEが横浜、私のZ4が阪神と呼ばれて3台で走ってる時には『1位巨人、2位横浜、3位阪神~』とペナントレースのように実況されたこともありましたな。最終的には読売ボディで落ち着いたようで、ご本人も

「直線のストレートが、んーどうでしょう。いまいちスローリィ?」

と解説が某ミスター風になってましたねぇ(笑)

いんや~、ホント楽しかった。また機会があれば参加したいっすね。
このイベントを企画し参加された皆さん、どうもありがとうございました。またEP走行時間にコースインを遠慮してくださったGP勢の方にも感謝・感謝でございます。

え?お前の課題はどうだったのかって?
フフフ、地元NABEさんにボロカスにちぎられなかったってだけで満足ですよ。
突っ込み過ぎも集中してればある程度は抑えられるし、ラインも他の人と大きく違う所は出なかったっす。コーナーの失速感もなかったし、早めのスロットルオフから早めの全開に繋げてる事も出来たし、立ち上がり勝負なら結構イイ線行けてた・・・よね?

い、い、一応トップゴールも3回決めたし(←トップに立つと後続が追いつくまでスローダウンする暗黙の了解を無視したKYな行為)、お手々の矯正は順調に進んでる・・・と思いまふ。まふまふ。

●おまけ・その1 NRPの誇るEPマイスターNABEさんの模範走行


●おまけ・その2
一部ピットで話題騒然だった某氏が本当に20代なことが判明。

ありえねーーーー!

どうでもいい話

2008.03.14 15:12
昨日、晩飯を食べながらこの先1ヶ月ほどのラジ出撃について交渉してみました。

その結果・・・

3/15 ×
3/16 西北
3/20 △(3/23とどちらか)
3/22 ×
3/23 △(3/20とどちらか)
3/29 ×
3/30 ×
4/5 ×
4/6 ×
4/12 ○
4/13 ×
4/19,4/20どちらか1日 ○
4/26,4/27どちらか1日 ○

・・・以降未定

ワレゲキチンセリ。_| ̄|○

4月の太治は行けそうにありませんし、宇治天に出撃するのもひと月ほど無さそうですわ。
噂では4月末にやたらめったらレースがあるみたいですが、それまでに練習どころかシャーシを組み立てる時間があるかも微妙っす。

ドゥルガは永久封印か。( ´-`)

ってことで、とりあえず日曜はNABEさんにお誘い頂いた西北での「05チキチキ走行会」にお邪魔する予定です。

TA05+GTチューン@ギヤ比7.16+500円タイヤのマッタリセットに電飾17灯のFDを載せて楽しみたいと思いますので、参加される皆さんよろしくお願いします。
天気も良さげだし、テント張って課題の克服に1日取り組もうっと。
朝の9時頃行けばいいのかな?

続・小ネタ

2008.03.13 08:29
今日はデジカメか最近購入したバッテリーのネタを書こうと思ったら写真撮るの忘れまして、写真無しで書くのもアレなんでイカリングの続きを書いてみようと思います。

昨日書いたイカリングですが、5mmパイプを利用しているので実車よりかなり小振りサイズ。
内側も光らないんで、リアリティ欠けまくりですな。
オクで出てるものはちゃんと内側に5mmLEDを入れて、その外側が光るようになってますので実車っぽくて確かにカッコイイ。

じゃどうすればソレ作れんの?と考えた結果がコレ。
oks.jpg


1.リング用LEDにタミ製8mmプラパイプ(内径)5mmをかぶせる
2.パイプの外側を銀色に塗装し、黒と白に塗った5mmプラ棒をパイプの中に入れる
※リング用LEDとプラ棒に1mm程度の切り込みを2ヶ所に入れておくと、後の作業がしやすいです。

これで正面から見た時にリング状に光ると思います。
パイプの外側を銀色に塗るのはLEDの光を反射させてパイプ断面部をより光らせるため。プラ棒を入れるのは、前から見た時に真ん中を遮光するためとLEDの光を反射させるため。

次は内側にLEDを仕込みましょう。
手持ちのLEDに"ツバ"が無いならそのまま、"ツバ"があるものならツバを削り取ってパイプ内に納めます。
このときに端子の足をパイプの外に出さないといけませんので、パイプ部に穴を開けるかプラ棒とリング用LEDに端子が通るスペースを事前にあけておくかして、なんとかして端子を外に出しましょう。

ハイ、これでイカリングが完成(だと思う。作ってないから分からないけど)。
タミのハウジングにセットする場合は、8mmパイプが通るように穴を広げておくことを忘れずにね。
フロント4灯作るのに8個のLEDが必要になるので加工含めてメチャ手間かかるから、やっぱ自分で作るのはパスかなぁ・・・

おまけでハイマウントストップランプの作り方も書いておきましょう。
2~3mm程度のアクリル板を扇状にカットして、根っことなる部分に赤色LEDをセットします。
画像では3つ仕込んでますが、光らせたい幅が狭い場合は1個でも大丈夫。
光軸がアクリル板に真っ直ぐ当たるよう位置決めをしたら、アルミテープで発光部以外をグルグル巻きにして完成です。

ね、意外と簡単でしょ?
ドアミラーLEDやナンバー灯とか光らせたい部分はまだまだあるので、気が向いたらチョコチョコ作っていこうと思います、ハイ。

小ネタ

2008.03.12 06:43
毎週水曜は恒例小ネタの日。

・・・今決めましたが(笑)

◎やはり入れたい電飾
レース用に準備したZ4には電飾を入れていません。
主戦場が屋外の太治になる予定でしたので、肝心の電飾が目立たないんじゃ重量増になるだけでしょ?っつーことで、最近作ったボディの中では唯一の電飾レスボディだったのですが、チャンプで走らせているとやはり電飾がついてないと自分の車じゃないみたいで寂しかったっす。

ってことでやっぱ電飾入れちゃいました。
SANY0002.jpg

スロットル連動タイプは実際走ってると全然目立たないって最近ようやく気づいたんで(笑)、フツーの常灯6灯で手を打ちましたよ。ついでにBMWっつーことでフロントは"イカリング風"です。

SANY0001_20080311224145.jpg
アイライン入れてるんで肝心のイカリングが見えない・・・_| ̄|○


実車では自作する人も多いイカリングですが、1/10ボディに搭載するにはちょこっとアイデアが必要です。
今回は
1.5mmLEDの頭をヤスリで平らに削る。
2.タミから出ている5mmプラパイプを3mmの長さに切断
3.LEDの頭とプラパイプの両面をヤスリ&コンパウンドで磨く
4.LEDとパイプをアルミテープで繋ぐ
5.パイプの真ん中に詰め物をする(今回は黒いスポンジ)

と手抜きな方法を使いました。これだと実車のようにイカリング内部は点灯しませんが、内部も光らせるとリング部が目立たないのでこれで良いや。
いや、今これ書いてて思ったけどLEDの頭を平らに削ったなら、その真ん中を遮光すればもっと手軽に出来るのかも?

さらにリアルにイカリングを作りたい人は8mmプラパイプや、FluxLEDなんかを使うとうまくいくでしょうね。オクだとイカリングは高額で取引されてるようですが、趣味のもんなんて自分で作ってナンボっすよ。さぁさぁ興味ある方はどんどん自作しましょう!
え?おまえはリアル版作らないのかって? ええ、まぁ面倒なんで私は作りませんけどね・・・

◎つや消し塗装
以前書きましたポリカボディのつや消し塗装。やっとこさ塗料を手に入れたのでミニのオーバーフェンダー部でテストしてみました。
SANY0001_20080311224124.jpg
クレオスの水性つや消しクリヤー

これをボディ表面から塗ってみました。
SANY0006_20080311224154.jpg
SANY0007.jpg

筆塗りなんでムラが出てますが、一応つや消しにはなりました。

感想としては

つや消し・・・だから何?


塗っちゃうと意外と普通だわね。

恋の周波数

2008.03.11 16:49
スイマセン。ただ、"恋の○○"って書きたかっただけです。

さ、VFS-1 C3アンプを使って1ヶ月ほど経ちまして、レースや練習なども順調にこなしてるわけですが、実際のトコ「C3」の実力ってどうなんでしょ?
雑誌なんかではレース志向の方には「VFS-1がおすすめ」って書いてることもありますし、実際に世界大会などで使われていることも多い・・・っつーか、OEM含めてほぼワンメイクな感じになってますよね。そんな最高峰アンプのコンペティション向け最新型である「C3」が遅かろう悪かろうわけないと考えるのは、いたって自然なことなのでしょうが使った感想としては


ゴメン。そんなに違いを感じねえっす。

後半は伸びるイメージがあるけど、そこ以外はパンチの無さが微妙に感じられるくらいですわ。
コンペ1→2への変更と比べてコンペ2→C3はプログラム変更はもちろん、基板も改良されてどでかいショッキーも追加装備されてより高性能になっていると聞きますが・・・
GTチューン程度の速度域じゃ差がでないのか、私が鈍いだけなのか。う~ん、後者だなこりゃ。

そこで久々にVFSアダプターを引っ張り出して、デフォの周波数をちょっくら覗いてやりました。
すると・・・

( ・o・)ハッ こんな周波数設定ってアリ???


って数字がそこに。

VFS-1のキモは周波数設定だと思うんですが、コンペシリーズはそれぞれ独自の周波数設定でALL3.98KHzフラットのVFS-1との差を付けています。

でさ。やっぱ気になるでしょ?コンペの周波数設定って。
素VFSにデータだけ入れて、偽コンペにしてみたいじゃない?

ふふふ。よーし、パパ書いちゃうぞ~
でも色々問題があると怖いから、直接書かずにデータのある場所だけ書いちゃうぞ~(小心者)

◎コンペ1&コンペ2
KO USAサイト
http://www.kopropo.com/vfs_help.htm
ここの真ん中、「Facotry Default Settings」に両方あります。
似たようなデータなんで、お好みのをどうぞ

◎C3
これはUSAサイトでも公開されてませんが、なんと意外な所にデータがありました。
KO公式サイト VFS-1設定ページ
http://www.kopropo.co.jp/guide/download-vfs-1.html
2007 1/10 JMRCA全日本選手権のオススメセット
2007 スポーツマンクラスオススメセット

このデータがC3そのものです・・・
23Tのスポーツマンクラス用にセットされたものですよ・・・
あぁ恐ろしや・・・

でも、ぶっちゃけGTチューンクラスを使うならエクストレイで充分、っつーかよりパンチがあるように感じるのは私だけでしょうか?

古いTEKINはパンチあるって言うし、ここまで来ればほとんど思い込みの世界かもね。
まぁ、周波数でゴタゴタ言うなら新しいバッテリーを投入しちゃえば済む話ってのも耳が痛いですな。

ゼロ・スタート

2008.03.10 11:15
先週のレース参戦時、予選を見てもらって沢山のダメ出しを頂きました。
エキパな第3者の目から見て、分析&アドバイスをして頂けるのは非常に嬉しくありがたい事でして、これだけでもレースに参戦した甲斐があるってもんですね。

具体的なダメ出しの内容は個人的なことを多く含みますので"ヒ・ミ・チュ"なんですが、まぁ一言で言うと、


走らせ方が根本的にダメ



と理解するに至りました・・・(;´Д`)
ステア、スロットル操作が全然ダメだと・・・_| ̄|○

それから約1週間。
日々悶々と「今の走らせ方から脱却するには?」を通勤中だろうが仕事中だろうが食事中だろうがXXX中だろうが延々と思考をめぐらせて、どのような走らせ方が正しいのか?今のセットが自分の操縦スタイルにあっているのか?をこの週末にサーキットで確認してきました。

今回は私としては珍しく「カツカツ宣言」を事前にブチ上げ、OPウィングを3種類持ち込んでテストしたり、車高やリバウンド、キャンバー、スキッドなども走行毎に1ヶ所ずつ変更してマシンの挙動をチェック。バッテリーも持ち込んだ10パックじゃ足りずに、現地で追加購入してまで、GTチューン@ギヤ比5.6+Aタイヤで一心不乱に走り込みましたよ。

そんな試行錯誤を繰り返して数時間、ある程度マシンのセットが出た所で課題の"お手々の矯正"走行に入ります。

ワタシ的には
・握り過ぎ
・(だから)ラインがぎくしゃくしている
・(結果)コーナーで失速する
が特にダメポイントだと認識してますので、ここら辺を注意して走行させます。

これまでコースをイメージした際の走らせ方はこうです。

1.jpg
赤=コーナリング、黄=直線と考えているライン
・コーナーとコーナーは出来るだけ直線で繋ぐ(その方が速いでしょ?)
・インベタでラインは立ち上がり重視
・コースはコーナーと直線の複合体と思え

インフィールドにに入ったら、コーナー→直線→コーナー→直線・・・の繰り返しと認識していて自分的には最短ラインを通ってる気分でしたが、こうやって見ると「そりゃぎくしゃくするわな!」と線を引きながら突っ込んだのはナイショです(笑)


これを「つなぎ」を重視して走り始めたのがこのライン。
2.jpg
各コーナーは次のコーナーへの入り位置を最重視するラインにしたつもり。あくまでイメージ画像なんでクリップが甘いとかは言わないでくださいませ。

1コーナー~2コーナー~3コーナー・・・と、全コーナーをひとつで繋いで、走行時の目線もコーナー入りの時点で次のコーナーの入り位置を視野に入れて2ヶ所のコーナーを見ながら繋いでいく、そんなイメージでやってみました。

さっきのと重ねるとこんな感じ
3.jpg


特に重視したのはコーナーとコーナーのつなぎ部分の自車の向きと位置。クリップよりもこちらを重視することで握り過ぎ→急旋回による失速感が無くなり、コーナーの入りがスムーズになり脱出時に全開にする位置も早くなった・・・様な気がします。あくまで気分だけどね。

結局この日は閉店までガッツリ走り込んで、この走法に少しは慣れたかな。



SN360222.jpg
無意味に撮影<サーキット駐車場より南を望む>

でも、
・混走の中で視野を広く保って走れるのか?
・接近戦になったら握りすぎる癖が出ないか?
・微妙に旋回しながらの加減速がヘタで
・旋回中の位置取りも毎周バラバラ

う~ん、課題は山盛りっすわ。

ハンドピースを買ってみた

2008.03.07 08:27
少し前の話になりますが、誕生日プレゼントにエアブラシ用ハンドピースを買ってもらいました。だからタイトルを正確に書くと「ハンドピース買ってもらった」になりますね。
プレゼントはドゥルガが良いかな、2.4GHzモジュールが良いかなと思った時期もありましたが、結局待ちきれずに両方自分で買っちゃったんで普段なかなか手を出しづらいハンドピースをゲット。

ね?これだと小学生じゃないでしょ(笑)?



買って貰ったのはコレ。
Jr.jpg

WAVE スーパーエアブラシJr 多分5000円チョット@タム尼
「Jr」って響きが、「メガテックジュニア」や「長嶋ジュニア」に慣れ親しんだ世代を直撃。
これに決めた理由の50%が"ネーミング"っすよ(笑)

で、まぁシルビア改35Rを塗る所から新しい物を使ってるんですが、こりゃいいっすわ~
これまで吸い上げ式のシングルアクションを使ってたんですが、それと比べると

<良い点>
・カップ式なので少量の塗料でもOK
・塗料粘度が適当でも吹ける
・0.3mmノズルで細い線から広い面積まで1本で対応可
・メタリック塗料が詰まりにくい
・塗料カップが一体式(タミは別体式)なので洗浄がしやすい
・粒子が細かくのる・・・気がする(笑)
・俺は塗ってるぜ感が強くてうっとり(バカ)

<悪い点>
・塗料の出る量が増えるので、想像以上に室内に飛散する
・ってことで部屋中塗料だらけ
・ポリカ用塗料だと臭いがキツくなる
・台所作業だと換気扇が追いつかない

良い点は吸い上げ式に比べてのカップ式の利点そのままなので、この製品自体が優れているかどうかの判断にはなりませんね。なんせこれが初めてのカップ式ですから、他の高級な物ならもっと良い点が多々あると思いますが、缶スプレーや吸い上げ式ブラシからのステップアップならこれくらいで充分なスペックじゃないでしょうか。
また、エアと塗料の操作を別々にするダブルアクションってことで最初は心配でしたが、押す+引くの動作の組み合わせなので少し使えばすぐ慣れて、シャドウ入れる時や細い線引く時なんかは逆にダブルアクションで良かった~って思えるほど塗りやすかったですね。
Z4なんて3時間で全部塗れましたよ、(*´∀`)アハハ。

悪い点は吐出量が増えた事による弊害が中心です。ボディ全体塗りが可能なほど塗料を出すことが出来ますので、その分部屋に飛び散る塗料がハンパないっす。台所で塗っているので、フライパンが若干黄色くなり・・・シンクにも黒いシャドウが・・・
作業後には戦闘濃度でのリセッシュ散布も欠かせません。

塗装ブースの導入も検討しないとダメかなぁ。
でも1/10ボディはブースからはみ出るような気がしますな。

今使っている塗料はタミのポリカ用と水性、クレオス水性がメイン。臭いのないファスとリキテックスはメイン色用に数種類だけ持っている状態です。
今後も台所で作業するなら徐々に無臭に切り替えていかないとダメですね。プレゼントに貰ったエアブラシで家庭崩壊招いてもシャレになんないっすし。(;^_^A アセアセ…

タム尼にはここら辺の塗装アイテムや塗料が非常に多くストックされていますので、この休みにでも「家内安全な塗装方法」を模索してみたいと思います、はい。
そうそう、タム尼は今月から閉店時間が21時に早まってますので、会社帰りに行く方はご注意下さいね。



[壁]ω・)チラ
今回メチャ普通なネタだったな・・・・

在りし日の姿・・・

2008.03.06 00:35
先日のレースでは、こっそりとニューボディを投入してみました。



BMW・Z4です。

レースに向けて軽量RX-7ボディを購入しようと某ショップに行ったところ、見事に売り切れ。仕方なくIFS使いに残された最後の希望(?)NSX2007ボディを手にとりましたが・・・これって定価高いのね。

んー、なんでこれだけ高いのかね?誰もが買うとなると定価を上げてくるのが新たな商法なのか?
たかが数百円の差が「ホレホレ、レースで有利なボディだよーん。ちょっと高くたって買うんでしょ?」って言われている気がして、なんとなくパスしちゃいました。武士は喰わねど高楊枝って言うじゃない。え、意味が違う?ま、まぁさ、そのうち買うけど(笑)

でも"ボディ塗りたい!"って欲望がどうしても抑えきれなかったので、タミチャレ08に使えるボディの中で唯一のショートホイールベースボディであるZ4を購入して帰りました。IFSの鈍くささに手を焼いている私にとっては、これを載せればきびきび動くんじゃないの?って期待特盛りっすよ。

カラーはパーソナルカラーを少しイメージして、ファスのメタリックイエローに赤でポイントを入れてボンネットは黒で。誰ですか?

血の付いたスケベ椅子って言ったのは?


黄色に赤だからマク○ナルドと呼びなさい(嘘)

えーっとですね、このZ4。外箱に「ショートホイールベース」って書いてるし、取説にも「足回りを調整してホイールベースを狭くして下さい」って書いてあったのですが、試しに手持ちのシャーシに載せたところ問題なく搭載完了。ん?ワシャ知らず知らずにショート使ってたんか?
確かにRX-7なんかと比べればホイールベースが3~5mmほど狭くなってるけど、Z4はホイールアーチがでかいんで、特に調整しなくても大丈夫でしたよ。レースではヒートごとに350Rと載せ替えしてましたが、もちろんホイールベースはそのままです。
そうそう、ボディマウントの位置もRX-7と同じでOKでした。

唯一の問題点はフロントオーバーハングが短く、ノーマルバンパーだとボディに干渉するのでそこだけ少し調整しました。

純正羽根とドアミラーのプラパーツはカーボン風に塗装し、
SANY0004_20080305223433.jpg
SANY0005_20080305223439.jpg


エンジンルームにはエンジンを搭載してみました(嘘)
SANY0006.jpg

ボンネットの中心部にスモークを拭き、周りは黒で強めのシャドウ。
ネットで適当に拾ってきたBMWシルキーシックスの写真を適当に縮尺変えて、両面テープで適当に裏貼りしただけのお手軽メイクです。
これを使えばどんなボディにでもお好きなエンジンをスワップ出来るんで、S15にRB26DETT積んだり(定番だね~)、ロードスターに13B積んだり(渋いね~)、RX-7に20Bロータリー積んだり(わかりにくいね~)、教科書よりオプションやREVスピードを読んでいた世代にはウケが良いんじゃないっすかね。

走りの方ですが、でかいリップとケツ寄り重心ボディのせいか非常にタイトに曲がる・・・っつーかノーマル羽根じゃ巻き気味だと感じました。RX-7は曲がるボディといわれますが、コイツはさらに1段階曲がるボディだと思いますね。

ショート&ワイドなZ4ボディ、あなたならどう料理しますか?

ムービー

2008.03.05 00:53
先日のレース動画をMさんに紹介いただいたドガログにアップしました。


ぶっちぎりで優勝するワークスの方はおいといて(笑)、最下位から2位争いに加わるまで猛追するNABEさん(青×黄のNSX)が最大の見所ですな。


エキパらしいすばらしい走りが印象的。N1優勝者でもEXPの壁は厚いみたいっす。

バッタモア4号機

2008.03.04 00:07
ええっと、今日は業務連絡です。

とある方よりバッタモア・パワーレギュレーターのレンタル依頼を受けましたので、ちょうど良い機会なので詳しく紹介したいと思います。
SANY0001_20080303221604.jpg
<バッタモア・パワーレギュレーター2>

基本構造としては秋月電子より発売されている

●5~25V(最大4A)可変スイッチング定電圧電源キット 700円
kanisan.jpg


コイツを組み立てて、DCインに7.2バッテリーを2本直列でつなげるようにタミヤコネクターを取り付け。DCアウトに本家パワーマスターと同じジャックを設置して、動作確認用ブルーLEDやスイッチをつけるだけで12Vが安定して取り出せます。
SANY0004.jpg



この4号機にはバカ機能として、
●ナポレックスVTメータークロック Fizz-790 2980円
4975144107907.jpg
これを組み込んで、時計と温度計、親電源の電圧をブルーバックライト付きパネルに表示させています。

このどでかいパネルを取り付けた結果、ケースがでかくなってバッテリー2本を内蔵できることになったのは全く計算外のラッキーパンチ(笑)

ちなみに使ったケースは
●タカチ OP-180B OP型開閉プラスチックボックス 871円
となっております。

ハイ、じゃここから使用上の注意いきます。

○使い方
1.スイッチがオフになっていることを確認する(「○」が押されていることを確認する)
SANY0001_edited.jpg

2.ケースを開けて7.2Vバッテリーを2本接続する。このとき同じ電池&同じ程度の容量が入ったものを使用すること。
SANY0002_edited.jpg

3.ジャックに何も繋いでいない状態でスイッチを入れる。
4.パネルが青く光ればOK
SANY0003_edited.jpg


計算上、4200バッテリー2本でMAX4A@1時間程度使えるはずです。
そのアタリはちゃんと検証していないので、何ともいえませんが・・・

まぁ、何かわからないことがあればどしどし聞いてください。

今後の展開に関しては、まずオプションとして「パワーステーションプラス」っての作ってみました。

SANY0001.jpg

これはパワレギュだけじゃなく、12Vが安定安定化電源すべてに対応した電源分配ユニットですが、ポイントは左側に配置されたUSBコネクタ(笑)
12Vを3端子レギュレーターで5V500mAまで降下して、市販されているUSB機器を繋ぐことが出来ます。もちろんデーターのやりとりやらの機能はないので、あくまで
SANY0003.jpg
こんなライトやウォーマーやらファンやらアイデア次第で用途はいっぱい。
ま、12V→5Vの降下で熱でまくりんぐなんで、実用化はまだまだ先ですがね。

そうそう、最近秋月さんより「4~25V(最大5A)可変スイッチング定電圧電源キット」ってのが出たんで、これを使えば普通に使用するには十分な5A電流が流せますよ。

SANY0005.jpg
さらに最近入手したこのコンバーターを使えばMAX8A流せるらしいっす・・・
これなら現地での追充用途には最適なんですが、なかなか補機類が手に入らなくて・・・

ウルトラ暇になったらなんか考えます(笑)
では、鉛バッテリー持ち込み禁止会場での皆様のご活躍を期待しています。

※12Vや5Vといっても感電すればかなーり痛いので、真似される時はあくまで自己責任でお願いしますね。

えるもの多し

2008.03.03 10:03
昨日、予定通り某レースに参加してきました。
最も心配だった雨は全く問題なく、寒暖の差こそありましたが1日心地よい天気の下で久々の屋外ラジコンを満喫してきました。

今日は思う所ありますのでレポは短め。

●練習走行
予選組み合わせ毎のコントロールプラクティス。Z4ボディ初投入でしたが、心配していたほど巻かずに無難に走ります。

●予選1回目
一斉スタートのベストラップ方式だったので、スタートを遅らせてじっくり行く作戦。
しかし2周目に入る計測ラインで、我がZ4はボンドカーのようにパイロンに乗り上げて空の彼方へテイクオフ。そのまま、コース外周のコンクリートブロックに背面着地(笑)
キット純正リヤウィングがど真ん中から真っ二つに折れ、ハネの効力が何もないままレース続行。全然タイム出ず。

●予選2回目
皆さん、350Rボディが良い!とのことでしたので、用意していた350Rにチェンジ。インテックス路面+MNラジアル+FDボディにあわせたシャーシではサッパリ曲がらず、ヘアピンではブレーキを使うほど。トルクのない540でブレーキ使うようじゃダメダメすな。
タイム見る気もしない(これが大失敗)

●予選3回目
曲がらん車じゃストレスたまってしょーがないので、折れたハネをアルミテープで修理してZ4再投入。バッテリーも充電ほやほやのGP3900でタイムアップを狙います。スタートからチョットケツ出るけど、グイッと前に出てガンガン曲がって良い感じ。悦に入って走行を終えますがタイムを更新できず、ここでベベメイン確定。
一応順位を確認するために、この日初めてリザルトを見に行くと・・・全然曲がらん350Rを使った予選2回目がベストラップ。
あのー、使ってた本人は全然印象無いんですけど、これの方がタイム出るんすか?
やはりGTボディがOKなレースで箱ボディ使うのはエキパにのみ許されたお遊びですな。

さっとピットに戻り、載せていたZ4を投げ捨てて350Rを載せたのは言うまでもありません。ついでにフロントトー角、キャンバー、ダンパー、リバウンド、車高をこの日初めて修正し、決勝では曲がるマシンになっていることを祈ります。

●決勝
決勝は2番手スタート。
レース開始と同時に2位キープのままバックストレートへ。そこで大人げない直線速度で1位を抜き、ガリガリとボディ下を路面に擦りながらも(おい)1人旅を楽しんでそのままゴール。

結局、目標の「真ん中チョイ下」は達成出来ずでした。
そうそう、N1・A決勝(前半AKIRAさん、後半NABEさんメイン)とエキパ決勝(AKIRAさんメイン)は撮影しているので、リクエストあればアップしますよ。
それぞれ75MBほどなんで、どっか良い動画サイトあれば教えてください。


私はというと、決勝前に百式さんに沢山のダメ出しを頂きまして、それを念頭に置いて走った決勝はこの日一番良い感じだったと思います。ここ最近感じていた「何か分からんけどタイムが出ない」「綺麗に走ってるつもりだけど遅い」「コーナーで失速する」などを解決する糸口も掴んだ気がしますので、これを忘れないうちにラップを計測しながらの"お手々矯正作業"にどこかのコースでみっちり取り組みたいと思います。

とりあえず、今週末から再スタートだね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。