スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早速、壁にぶつかる

2005.11.08 00:00
今日は『コミュをクリーニングしたらどの程度回転数が上がるのか?』を検証してみました。



しかし、この検証に関して根本的且つ重大な問題が・・・



「モーターの電源どうすんのよ?」



・・・いやぁ7.2Vなんで動力用バッテリー直つなぎで良いかなぁ、と



「じゃ、検証時の条件そろえられんの?モータ-繋げば繋ぐほど電圧かわるんじゃないの?」



・・・ですよねぇ・・・いや、ほら繋いですぐ離せばいいんじゃないかなぁ(^_^;)



「パワーあるバッテリーと無いバッテリーだと回転数変わるよ」





はい、すいません・・・これじゃ検証になりませんね。

やはりモーターの回転数を正確に計測するには安定化電源とモーターチューナ買った方が確実です、はい。



とはいえ、まぁエキシビジョンマッチでコミュを掃除して回転数を測ってみました。

純正のクリーニングブラシを片側に取り付け、7.2Vで3分間回します。

この際に電子基板洗浄用のスプレーを吹きかけ、コミュはピッカピッカ。



昨日の検証で良い結果だったブラシをセットし測定開始!

バッテリーは昨日の使い古し&コミュクリーニングにも使っており電圧は低下しているはずです・・・



グィィィーーーン・・・・測定結果18900~19100rpm!

あがってる!なんとか標準程度回るようになってます。

しかもクリーナースプレーを吹きかけた直後5秒程度は特に高い数値を示します。これはレース直前にスプレーするとスタートダッシュが違ってきそうですね。



検証の結果:コミュを綺麗にすると500rpm以上回転数が上がるということがわかりました。レース前にはコミュを掃除して、新品ブラシで当たりとって、スプレーを吹き付けていざレース!ってな段取りに今後なりそうですね。



ちなみにこの状態でインテレクト3600を繋いだら20500rpm回りました。

ついていけねー。

AUTHOR: AKIRA
EMAIL:
IP

COMMENT


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。