スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TB02 駆動音を追え!

2005.07.07 00:00
大げさなタイトルですが、我が騒音TB02をいかに静かなマシンにするのか?を目標に素人なりに施した対策を紹介します。



1.まず全ベアリングを取り出し。クリーナーで洗浄

WD40に一晩つけ込み、翌日取り出してよく拭いて謎の潤滑剤を吹き付け   る。これは普通の潤滑剤でもOK



2.ベアリングを組み込み、モーターを回して音をチェック

これで静かになればベアリングが原因



3.前後のユニバをバルクからはずして、モーターを回し音をチェック

これで静かになれば、ユニバを分解して洗浄、説明書通りにきちんとグリスアップして組み立て直す。金属の接触するところにグリスは必ず必要。またスイングシャフトを止めるピンが真ん中になっているか確認。左右にずれてホイールアクスルに接触している場合がある。他にもアクスルに砂など入っていない

かもよく確認



4.前後のギヤケースをシャーシからはずす。指でジョイントを回して音とスムーズさをチェック。スムーズに回らない時はバルクを止めているネジ3本を少し緩める。緩めすぎるとギヤかけの原因となるので、あくまで少し。私の場合はバルクの断面にマスキングテープを貼り、少し間を開けて締まるようにした。ベベルとリングギヤの破損があれば些細な傷でも大きな音を出すので要確認。グリスも薄くしっかりと塗る。指や歯ブラシを使用するとよい



5.ベアリングホルダ-とモーターをはずし、プロペラシャフトをぬく。プロペラシャフトに入っているベアリングを抜き、再度プロペラシャフトをセットして前後ギヤケースをネジ4カ所緩く仮止め。指でプロペラシャフトを回しながら、スムーズに回るところで前後ギヤケースを固定。



6.モーターをセットし(マウントはシャーシにネジ止めしない)、バックラッシュを緩くとって、フロントを上に上げて(シャフト抜けを防止)モーターを回す。



7.ここまでくるとかなり静かになっているはず。

  あとはモーターマウントをシャーシに固定して、うるさければシャーシ側のマウント穴を若干長穴加工。うるさくなければプロペラシャフトのベアリングを戻して再度チェック。これでうるさければ、ベアリングマウントのズレが原因と思われるので、マウントを軽く削るかギヤケース下にスペーサーを挟んだりして高さをあわせる。



だいたいはこんな流れで、原因をつぶしていけると思います。グリスアップの指示のあるところには必ずグリスをさした方がいいですね。

たかが「音」ですが、音もエネルギーの一種と考えればじっとしてはいられないのでした。



COMMENT


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。