スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代遅れのエンジンですが

2005.06.29 00:00
bb092428.JPG少し前にTG10のエンジンについて書きましたが、今回はそのエンジンの感想を。

TG10を数年ぶりに復活させようと前バラして組んでもエンジンがかからない。いや、かかってもすぐ切れる。なんといっても昼休みに40分間リコイル引っ張ってエンジンかかったの3回。

金で解決できることはそれでOK、を合い言葉にスターターボックスを購入。しかしこれはTGに微妙にあわなく、でかいフライホイールや低いエンジンマウントなども購入。しかしこれをもってしても、エンジンはかからない。

ボックス買った以上引き下がれないので、今度はエンジン単体で購入。

TGの新車やXBG買った方が安いのでは、などの疑問は見て見ぬふりでこのOSエンジンを購入したわけです。搭載はベリーベリー簡単。リンケージ調整のみでOK。マフラーも純正で対応可能、っというか外品は高くて買えない。

そして雨の中、慣らし運転。

パイィィーンとふけあがるエンジンはTG純正とは全く別物。

時代遅れなので最近のモデルの半分しかないパワーでも浦島じいさんには手に負えない。

いやっは、男のラジコン遊びはエンジンだよねとうそぶきながら、もう1週間以上エンジンかけてません。

COMMENT


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。