スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

測るんジャー取り付け方法

2006.03.29 21:31
レースに出るようになったり、複数台のマシンを所有するようになると「いったいどれくらいのタイムでコースを周回してるのだろうか」と測りたくなってきますよね。

そこで便利なのが、もはやサーキットの定番「測るんジャー」です。
おそらく機械自体の使い方などは公式サイトや他のEXPな方を参考にして頂いて、私はマシンへの搭載方法をちょこっと紹介します。

測るんじゃーはポンダー型のメカと赤外線を発する5mmLEDをシャーシ側に搭載して、離れて設置した本体でラップを計測します。

シャーシへの搭載ですが私のTA05は・・・
TA05


アンテナホルダーのすぐ前にある穴に、余ったターンバックルをねじ込み、その先に6mmアジャスターを取り付けます。
あとはポンダー型のメカをセットし、受信機のBECや3CHに電源ケーブルを差し込みんで取り付けたアジャスターに赤外線発信LEDを取り付けて、本体を設置する側へ向ければ搭載完了です。

エボⅣの場合はセンターのアッパーフレームを固定するビスをターンバックルに置き換えました。
evo


気になる感度ですが、やはりボディに穴を開ければベストです。
しかしスモーク塗装の窓でもそこそこ反応してくれますし、窓をステッカーで覆っているボディですら、本体と1m程度まで近づけばキチンと反応しますね。
タイム計測もカウントダウン式とスタッガー式が選べ、ベストラップ更新もブザー音で確認できます。

これで簡単な模擬レースも可能なんじゃないでしょうか・・・

COMMENT

複数台計測ができるので、仲間内のレースなんかいいですよね。測るんじゃーのポンダーがあれば、エフさんの親機で計れるのでしょうか?
ポンダーそのものはそんなにびっくりするほどの値段ではないので、買ってみようかな・・・なんて。そうなると、親機も買ってしまえ・・・てことになりますね。(^^;

そうなんです。
今度の走行会では私の測るんジャーをそれぞれにお貸ししてのベストラップ方式での予選なんて良いんじゃないかと・・・考えています。
なので参加される可能性のある方のシャーシを例に挙げさせて頂きました。

ポンダー単体を各自購入されても本体側で設定を変えれば、1台の親機で計測出来るはずです。しかしポンダー単体でも4000円くらいしますよね。(^_^;


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。