スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラシセッターを使う

2006.04.10 08:28
bs

「目指せGTチューンで20000回転プロジェクト(今思いつきで決めた名前)」の重要な案件として、ブラシセッターを購入してきました。

このアイテムはモーターにブラシをセットするジグを装着し、シャフト部に取り付けたカッターでブラシをカットするという仕組みです。
ジグはスタンドアップ・レイダウン両方にに対応し、さらに「10%の回転アップが期待出来る」という触れ込みのMCカットがそれぞれのブラシで加工出来るようになっています。

さて早速モーターにジグの取り付けをしますが、どのようなモーターが適しているのか・・・説明がありません。
本来ならコミュ研磨用の多ターン巻きのモーターが適しているのでしょうが、そういうことは気にせず手近にあった27Tのプロ2であっさり代用します。

ジグを取り付けたらモ-ターチューナーにつなぎ、カッターを回転させます。しかしこれも何Vでまわすのか・・・指示が何もありません。
とりあえず3Vで回して様子を見てみましょう。

あとは研磨したいブラシをジグにはめ、指でカッターに押しあてて研磨をしますが、これが意外に綺麗になります。
端部が削れたブラシも、あっという間に修正されてピカピカに!

これ良いかも知れません。

ただ、コミュの形状とカットしたブラシのR形状がどれほどマッチングしているのか不明です。もちろんモーターにセットして試してないですし(^_^;

MCカットと合わせて後日検証してみましょう。

COMMENT

ついにブラシセッター導入ですか。
おそらく20,000は超えるでしょう。楽しみですね。

でもMCカットはブラシに進角がつくのでタミグラでは、車検に引っかかりますし
タミチャレでも回転数制限21,000が適用されているショップだとかなり厳しいと思います。注意してください。

おせっかいかもしれませんが・・・

ちょうど今、MCカットを終えて初めて計測したんですが・・・・18000RPMでした。
コミュとR形状が若干ずれてるようで、現在モータ-にセットしてアタリを取りなおしています。

MCカットはタミグラNGなんですよね。自然に削れたとはとても言い通せない形状ですし(笑)
21000rpmなんて、ちょっと夢です。

なかなか二万回転への道は遠いですな。当たりモーターを見つけるしかないのかもしれませんね。
やっぱ、あとはバッテリーかな・・・。

私は本職が製造業(マスプロダクト商品)なので、「アタリ」というものをあまり信じたくありません。
「アタリ」があるということは品質にばらつきがあるということですので、メーカーとしては問題ですよね。
・・・まさか、景品付きコーヒーで言うところの「シークレット」扱いで、「アタリモーター」が入っているなら・・・、私は当たりが出るまで買い続けます(笑)。

効果あるのか判らないので俺はまだ買ってませんが、レポート楽しみにしてます。
ライトのミニクラスの指定モーターがGTチューンに変更されるのでブラシカットに興味津々・・・

ブラシセッター単体で全てOK!な訳ではないですけど、これで下準備をしてからモーターにセットして慣らしをすると効果がハッキリ出ますね。
MCカット(ライトの月例で使えるんでしょうか・・・?)は、もっと確実に効果が出ます。
現在検証中ですので、もう少しお待ち下さい。

月例のレギュには書いてないけど、車検自体ないし~いいんじゃない?
モーターだけ速くても勝てる気がまったくしない(^_^;)

私も月例レースを実際に見るまでは「ミニもいいかな~」なんて軽く考えていたのですが・・・
レベル高すぎでとても出場できません!

MCカットですが、通常ブラシに比べて約1000回転ほど増えるようです。
GTチューンならかなり効いてきそうですね。


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。