スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポ(※長文注意)

2006.05.01 10:34
昨日は神戸三田サーキットさんで行われた定期レースに参加してきました。
天気は朝から快晴。絶好過ぎのラジコン日和です。

天気は絶好でも私の予定は絶不調。レースまでのタイムテーブルは以下のようなものでした。

1:00 帰宅。メンテ開始
3:00 メンテ完了。レギュを確認してタイヤを探す。荷造りを始める。
4:00 軽食。気付くと寝ていた・・・
5:00 起床予定時刻。しかし爆寝中
6:00 予定では出発時刻。やっと夢の世界から帰ってくる。
6:45 現地着。速っ!

予定通り8時から受付が行われ、私の参加したストッククラスは13名参加。
参加人数はともかく、真ん中より上に入れば「Aメイン入り」という言葉が現実的に見えてきます。
しかし事前エントリーでの顔ぶれを見るとレベルの高い戦いが予想され、さらにむささびさんの出走された予選1組を見て、淡い期待は絶望に変わりました。

「ストッククラスみんな速すぎ!」

いやね、本当速いです。うまいです。安くはないですが(@キ○肉マン)。
多くの方が初めて走らせるコースのはずなんですが、数分の練習走行でキッチリセットをだしてきてますね。脱帽。

そして私の予選がスタート。他の人のクラッシュでの漁夫の利は期待出来ないので、なんとか自力で周回を重ねないと・・・と思いながらスタートすると、

「おぉ!おぉ!タイヤがグリップしてる!」

確かにちょっとリヤが出てるけど、練習走行でずるずるしたほどの扱えないレベルじゃないっす。やるやん、中古タイヤ。

滑る分コーナーで失速するけど、実戦用モーターは絶好調!
ストレートで前の車に2mくらいは追いつけます。
「こりゃ操縦でなんとかして走ればいけるんじゃないの?」

と変な色気が全開で三田の山林に放出され始めます。

そして5分後、ヒーヒー言いながら結果は20周でなんとか5位で予選1回目を終了しました。


予選2回目は皆さん上げてくるので、おちおちしてるとBメイン落ちの危機です。
さらに頑張っていきましょう・・・と気合いを入れた予選2回目、スタート直後にマシンは斜行。1コーナー、2コーナーでもズリズリとマシンは滑り、全くグリップしません。

「お、おかしい。さっきの頑張りは息絶える前の一瞬の輝きか?」

と思っていたらマシンはクルクルとスピンを始め、直進すらままならなくなり、リタイヤ。
マシンを回収するとリヤタイヤ1本がホイールから脱落しています。他のタイヤを確認すると、全てのタイヤで接着がはがれて脱落寸前でした。_| ̄|○

ヒヤヒヤしながらも残り予選を見守り、結果は予選5位でAメイン滑り込み。
むささびさんも実力通りAメインです。

さー、これでアタリに強い「らくだ八兵衛」同門対決がAメインで実現という夢の組み合わせですよ。決勝は3回あるのでせめて一矢は報いたいところです。

そして決勝1回目。
急遽接着し直したタイヤは、はがれはしないもののグリップしません。おもえば半年くらい使ってますからね~もう寿命かも、って気付くのが遅い。
思いっきりレベル違いの皆さんと混走になってしまい、引き離されまいと焦ってコーナーは突っ込みすぎであたふた。
2分を過ぎた頃から周回遅れになったので、トップにラインを譲ろうとあたふた。

前と後ろを見すぎてあたふたしまくり、全然自分のラインで走れません。このあたりが経験不足ですね。同門対決もあっさりパスされ6位/7台で1回目は終了。

決勝2回目。このあたりから眠さがピークを迎えます。眠すぎてレース中にマシンがぶれて見えますよ(笑)。
ここでやっと新品タイヤを投入。準備してたので何でケチってたのかって?
それは、
「黄色いボディに金色のホイールじゃ成金趣味みたいで嫌なんで!」

走りよりも見栄えを気にする男・・・それが私です。
(じゃ、なんで金色のホイールを買ったの?と聞くのは御法度)

新品タイヤはバリバリとグリップしてくれますが、中古タイヤ用のセットを変えておらずアンダー傾向でコーナー入り口で頭が入りません。リバウンドをとりすぎ、ダルい動きに終始します。あー失敗。
ここでも周りのレベルにあたふたしつつも少し自分のペースを取り戻し、むささびさんと数周のランデブーが実現。マシンの速さは同等なので、腕のみで優劣がつきます。
結果は数周に渡る強烈なプレッシャー(&操縦台でのささやき攻撃)に負けて、このレースも惨敗。またも6位/7台で終了です。

さー、最後の決勝3回目です。正直このあたりから暑さと眠気と空腹で「早く帰りたいな」と思う気持ちが無かったわけではありません(笑)。

リバウンドを減らしたマシンは今日一番の動きを見せ、スタート後数分はなんとか流れに食いついていけます。
インフィールドの短い直線でも、前車とあまり離されないで走行出来るようになって調子に乗った私は、周回遅れを甘んじて受けずジタバタあがいてみる作戦に出ました。
・・・しかし、いくらFM4300を投入して直線スピードのみなら逃げることが出来ても、さすがにトップクラスの方です。コーナー1つごとにグイグイ追いつかれ、2周ももたず綺麗にラップされます・・・

そうこうしているうちに、むささびさん登場。またも数周の苦しくも楽しいランデブーの後ぶち抜かれ、同門対決は3戦全敗となりました。(T.T)

その後、とあるハプニングで一気に集中力が無くなり、軽く壁に接触。その際にCハブを折ったのに気づかず、ピニオンに石でも噛んだのかと思ってガラガラ音を立てながら周回を重ねます。ハブが折れても走れるんですね~ビックリ。
結局ハブを折ったまま走りきり、5位/7台で完走。
決勝惨敗、同門対決も惨敗でしたが非常に内容の濃い、熱い暑い走行会でした。

23Tクラスは素晴らしくハイレベルな戦いが随所で行われ、GPは言わずもがなの迫力あるレースでしたね。

神戸三田サーキットさんありがとうございました。
参加された皆様ありがとうございました。

そして影響を受けやすい私が次に狙うのは・・・・ねっ?(謎)

COMMENT

予選は完敗しましたから。ほとんどドローですよ。
2ヒート目は特に熱かったですね。十数週くらいバトルしていたような。次第に無口になる超真剣モードのエフさんを初めて見ました。

あのマシン・・本当に買っちゃうんでしょうか?

お疲れ様でした。かなり強行スケジュールで臨まれたようですね。
この前より熱い・・・・ということで、もうほとんどレース感覚でしょうか。
これから、どんどん発展していきそうですね。
僕も練習して、次、がんばりたいなぁ。

>あのマシン・・・
って、どのマシン?

>むささびさん
予選は偶然ですから、実質完敗です。この差を埋めるにはあと幾ら金をかければ・・・
レース中は操縦台端に陣取ったので。足踏み外すと落ちるかも!という意味でも真剣でした。(笑)

>AKIRAさん
いや、あれはもう完全にレースです。しかも相当ハイレベルな。
今回はあえてビデオ撮ってません。AKIRAさんが見るとさらに闘争心に火がついて、絶対消せなくなりますからね(笑)。

>あのマシン
さーて、どのオプション入れようかな・・・

強行スケジュールのなか、お疲れ様でした
詳細なレポートで、レースの雰囲気が伝わってきました。
あー、ストックのレベル高そうですね。
ちょっと実力的にはきびしいですが、次の機会には、僕もチャレンジしたいです。

今回で2回目の三田走行会ですが、2回とも参加している人というのは少ないです。
スポット参戦される方々のレベルで、毎回熱さが変わると言ったところでしょうか。

次回は6/4ですね。ポイントカードなんかも導入されましたので、是非。

昨日はお疲れさま~
ぶっつけ本番はやっぱダメでした・・・
次回は6月4日か~
たぶんその日は行けない・・・残念

腰痛をおしての強行出場、お疲れ様でした。
マシンの状態が余り良くないようで苦労されてましたね。
私は1週間前に走り込んだので、その成果でてホッとしています。
6/4は無理ですか~、私もライトはしばらく行けそうにないので、また次回よろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。