スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらもストレートパックに

2006.08.09 00:22
バラセル使用にビビる私は、ついに決勝レース用のFM4300をもストレートに変更しました。
今回使ったのは、某イーグルさんのストレートパックキット、@480円です。



使用方法は、まず単セルに戻したバッテリーに、ぺらぺらのブリキ?の板を取り付けます。
DSC01133.jpg


しかし、これがもの凄くハンダ付けしにくく、気を付けないとセルに熱が伝わってセルを壊してしまいそうになります。

手早くやりたい・・・でも上手く付かない・・・

とりあえずクリーナーで脱脂して、ヤスリで足付けしてから気合いでハンダ作業は完了しましたが、ここから先はこのセルを3連に繋ぐ作業がまっています。

ぐらぐら揺れるセル、相変わらずくっつかないハンダ。
セルをつかんで投げそうになる衝動を抑えながら、なんとか3連セルを2個作ることに成功。
あとはタミコネをセットして、反対側のセル同士を連結。
形が崩れないようにクリヤーケースに入れて、熱収縮シュリンクでパックすれば完了です。

DSC01134.jpg


なんとか作業は完了。
しかし大きな落とし穴が!

DSC01135.jpg


セルの端子にハンダがのりすぎて、セル同士がくっついてません!
タミヤさんの3700と比べて1cm全長が長くなってしまってます。
サイクロンには載りましたが、エボⅣや415のストレートバッテリーガイドには載りませんし、TA05にも搭載不可。

正直言いまして・・・これはハンダ付けに超絶自信のある方にしかお勧めできないですね。

さて、来週にはバラセルに戻すか。(;-・。・-;)

COMMENT

ストレートパック組む専用ハンダコテがあるみたいですよ~
ハンマーヘッドっていうらしい・・・
使いこなせるまでかなり時間が掛かりそうな気が・・・
とりあえず↓見てください。
http://www.powers-international.com/international/powers/cx100rts12.htm

ナイスな情報ありがとうございます。
まさにハンマーヘッドですね~

しっかし、これで一度くっつけると分解不可になりそう・・・
上下の端子部だけハンダ付けして、真ん中は接触させるだけなら組立・分解とも簡単なんですけどね。

う~ん、ストレートパックも侮れませんね~。
バラセルの形で、固めることができるくらいの大きさのヒシチューブがあると便利かもしれませんが、その時点でバッテリーホルダーが使えないし・・・。
そう言う問題があることが、エフさんのレポートで良く分かりました。

半田付けは奥が深いっすね。(-.-;)

ミニインファーノか何か用の小さいバラセルって、横組みした状態でパッキングして売られています。
送信機用なんかの電池もそうですね。

安全策と利便性をとるなら単セルでシュリンクしてからバラセルを組んで、完成したらシャンテを覆うようにグルッと外周をテープでくるむ・・・といった所ですね。

いやはや、めんどくさい。


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。