スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーター120分クッキング

2007.01.15 06:14
年明けから風邪を引きずっておりまして、先週はハードな仕事と無意味なプライベートの辻褄合わせで心身共に疲労困憊。
毎日家に帰ると即ベッドへゴー!てな感じで、ちょこっと寝込んでおりました。
今の会社に勤めて8年くらい経つけど、1日有給とったのって計3日、しかも免許更新日だけしかないんですよ!マジでさ、ぐれるぞ・・・ワシャ。

ということで毎年20日近くの有給休暇を未処理の失効している私ですが、気付けばインテックス戦まで1ヶ月。未だに我がタムポルはシェイクダウンも済ませていません・・・つーか、タイヤもまだ接着してないですな(笑)。

んな感じで更新をさぼっていた本blogも、体調の戻りに合わせて今日から徐々に更新再開。まず手始めにワーチャン支給モーターの慣らし検証です。

今回の餌食サンプルは某エキパの方より譲り受けた540J。
これをレース現場を想定して「120分」の時間内にどれだけ回転を上げられるかに挑戦してみます。
私はこれまで540Jの慣らしだと毎日1時間程度の慣らしを1週間続けて仕上げる方法をとっていましたが、今回はレース日に支給されたモーターで予選&決勝に進むことを想定して、ごく短時間でどこまで回転を上げることが出来るのかをテーマに慣らしをしてみましょう。
540Jはブラシのアタリを取って接触面を増やすこと位しか慣らしのポイントがわからないので、ひたすらモーターを回してアタリを取る算段。コミュドロップを使えばアタリを早く取ることが出来ますが、あくまでタミグラ準拠で慣らしを進めたいと思いますので、薬品はクリーナースプレーのみ使用しています。

DSC01478.jpg

白いラベルを貼った物がワーチャン支給540J(以下W540)。比較用に手持ちの540J(以下540)を用意してデータを比べてみます。

まず目安と慣らしの最終目標用に540を計測。
DSC01477.jpg

1.54A 18240回転
回ってませんし電流も低い、極々普通の540Jですね。

この先はこの数字に近づくよう、W540の慣らしを進めていきます。
まず前回計測での最初期値は
1.36A 16680回転

ここから4.8Vでプロペラで負荷をかけ60分回したところ
DSC01480.jpg
1.13A 16680回転
回転そのままで電流下がってるよ・・・_| ̄|○

この時点で60分経過し、すっかり先行き不安です(笑)。

やはり低電圧では短時間でアタリは取れないと判断し、思い切って、続いて7.2V(プロペラ有)で10分回します。
DSC01481.jpg
1.16A 16800回転
あ、微増。

この時点でブラシカスがかなり出ており、アタリはそこそこ取れつつあると判断し、今度は2.4V(無負荷)で20分間ゆっくり回す手段をとります。
DSC01482.jpg
1.02A 16890回転
うわ・・・どう判断すればいいんだ、これ。

やはり電圧が低いのかも?と最後は3.6Vで30分回して、奇跡の1000回転アップを狙いますが・・・
DSC01483.jpg
1.01A 17010回転

えーっ、これは惨敗ってヤツですか(笑)。

COMMENT

お、モーターマスターも結構苦戦していますね。
当りが出てきて、消費電力もまったりといった感じでしょうか?

これ、いったいどうやってブン回すんですかね。
奇跡の水中ブレークイン?
僕は、やる勇気ねぇ~なぁ・・・。

>水中ブレークイン
さすがにこれには手をだせません。(^_^;)

やればやる程、モータ-の「熱」がポイントかなぁと思うようになってきました。カンが温かくなる程ぶん回すと電流が下がって回転が上がりますが、その程度の見極めが非常に難しいです。

タミグラで、コミュドロップ慣らしはNGなんですかね??
一番有効そうだけど…

>コミュドロップ慣らしはNG
慣らしに使うのはNGではないと思いますよ。
今回はあえて世界戦の現場でやってるつもり(笑)だったので、少しでもグレーな行為は避けてみた次第です。

>水中ブレークイン
ピット中でやっていましたよ(笑)中にはメッセのトイレでやっていて注意された人もいるとか・・・自分じゃないです!
やはり短時間で当たりを、だすのなら有効みたいです。

>コミュドロップ慣らしはNG
OKです皆、分けの解らない物をさしていましたよ

>水中ブレークイン
なるほど、やはり有効なんですね。
しかし水中に12Vを繋いでほうりこむ男気が私には足りないっす(笑)。

>分けの解らない物
そこにノウハウがあるんでしょうね・・・
そういえば以前、コミュにオイルスプレーをさしたら一瞬だけ信じられないくらい回転が上がって、数分後にコミュが真っ黒になってモーターがお亡くなりになったことがあります。(^_^;

モーター慣らしは色んなやり方があるみたいで、経験が必要みたいです。
ラ○トのモーターチューナーが回らなくなったプロストックⅡ23Tを見事に復活させた現場を見ました!
あんな事するとは・・・
そんな事真似でけへん・・・
えっ!そんなん見たことない・・・
いや~知らない事ばっかりでした。
とんでもなく回るモーターが存在するのは知ってたけど、てっきり着磁や脱磁や進角付けしてる違反モーターだと思ってた。
でも、そんな小細工しなくても回す方法があるのを見て衝撃を受けました。
また、その内どこかであった時にでも・・・
覚えてる範囲で・・・

>知らない事ばっかり
さすがにチューナーといわれる方達には、一般では考えられない独自のやり方があるんですね。
そんな現場に立ち会えたこっぷさんがうらやましいです。
>覚えてる範囲で・
色々いじくり回しても回転が上がっても電流が低かったり、性能を維持するのが短かったりすることが多いので、小指の先ほどで良いですから是非教えてください。<m(__)m>


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。