スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミーとユーの違い

2008.09.16 08:20
キャンバーやフロントトー角を変えるのが苦手です。
というのもターンバックルをグリグリ回すのが上手く出来ないんで、イライラするんすよね。家メンテの時にラジペン使って調整した後は出来るだけいじりたくないので、予選の合間に変更とかマジで無理っす。

今私が使ってるターンバックルレンチはターンバックルを挟み込む部分がプラ製になっていて、アルマイトに傷を付けにくいっつー某社のノンスクラッチタイプのレンチですが、これがねぇ・・・
傷が付かないのはいいんですがプラ製なので本体からよくはずれるし、接着しちゃうと先端部が痛んだ時に交換しにくくなってコレの唯一と言っていい利点を消すことになっちゅうからパス。
しかも、ちょっときつく締まってるターンバックルを回そうとするとプラが変形して以後使用不能になるしさ。

ありえん(笑)

ってことで、ノンスクラッチとか全く無視して、ちゃんとしたターンバックルレンチを物色、物色。

SHOP.jpgTRF謹製 ブルーチタン専用レンチ

決してこのタイプの中で一番安いからではなく、TRFサポーターとしての責任感からコイツをチョイス(意味不明)
説明では「ブルーチタン専用」って書いてますが、★☆とか関係ないながらも製造業に10年以上身を置く経験から、


ふふん。同じメーカーで同じ分野の製品を出す時に既発売分と互換性を持たすのは、コスト管理から見て当たり前。
ターンバックルが標準装備されてるキットを多く発売している★☆なら、そんなキット標準の鉄製にも対応できるように設計しているはずっしょ?
あえて"チタン専用"と書いてるのは、他社製と比べて割安なこのレンチを餌に高額なブルーチタンのターンバックルを購入させようとする★☆の販売戦略に違いない。
結論:コイツは専用品と書いてるけど、一般にも使えるはずだ!


我ながら完璧な理論だな・・・( ´-`)


で、購入してみた現実↓






Sany0435.jpg
つかえねー(笑)

はい、メーカーの言うことは素直に聞きましょう(反省)

っつーことでブルーチタンは他社製でよくある3.5mm角のターンバックルなんですね。
そんなことなら"専用"って書かないで"3.5mm用"って書けばいいのにブツブツ・・・・・

まぁ、★☆縛りのない世界戦を視野に入れたTRFマシンなら、こちらの方が使い勝手がいいのかもね。

とはいえこのまま捨てちゃうのももったいないので、レンチの開口部をヤスリでちょいちょいっと削ってみました。

SANY0436.jpg
これでだいじょぶ。

今回の教訓

・★☆のキット付属やOPのチタン&アルミターンバックルは4.0mm角
・OP602のターンバックルレンチも4.0mm対応
・TRFのブルーチタンは3.5mm角
・ブルーチタン専用レンチは3.5mm専用→削れば4.0mmにも対応可
・メーカーの言うことは素直に聞く(笑)

手持ちのアルミターンバックルが曲がった時、財布に余裕があるからって調子に乗ってブルーチタンを買う時は専用レンチを買い物カゴに入れるのをお忘れ無く。

COMMENT

削る前に、全車分ブルーチタンに交換すれば良かったのに…
TRFサポーターとしての責任を感じるなら、いっとくべきでしょ。

・・・ '`,、('∀`) '`,、

某社のノンスクラッチはほんと使えないっす・・・
プラ柔過ぎ!

レンチの開口部サクサク削れて良かったすね!
そこはチタンじゃないのか(笑)

>上手く出来ないんで
これがターンバックルが外れやすい原因ですか?(笑
キズなんか気にしないでグリグリ回しましょう!(笑

そうなんですよね私も買わんと思っていたんですが、
N親子に刺激されてブルーチタンターンバックル買いました(笑
その時は専用品とは知らずに買い物カゴに入れて、帰ってからアルミには使えないって事がわかって、一緒に買っといて良かったと、思いました。
石油王ならブルーチタン逝かなきゃだめっしょ!

>Mさん
>>全車分ブルーチタンに交換
量販店で揃えて、IFSなら1台6000円強。手持ちの3台変えるだけで2万近いっすよ?
100%やりません(笑)

>NABEさん
>>某社のノンスクラッチはほんと使えない
AKIRAさんとNABEさんに一応気を遣って、匿名にしてみました(笑)
ありゃないっすよね・・・
>>そこはチタンじゃない
たぶん。マッチモより100円安いのに釣られた自分が憎い。

>Tさん
>>これがターンバックルが外れやすい原因
こないだNRPで走った時は壁接触→即外ればかりだったので、アジャスターは全部交換しちゃいました。
フロントピロボールがエボⅣ形状なんですが、416用の方が外れにくいとかあるんですかね・・・
>>ブルーチタン逝かなきゃだめっしょ!
アルミだと軽い接触で曲がりますよね?
ですので"あ・え・て"アルミのままで、当てない走りを習得しようとしてるんですよ(笑)

見た目だけで迷っていましたが、まさかこうなっていたとは・・・!
購入していたら、多分家でうなだれていますよ(笑

>あやまっくさん
わずか0.5mmの違いですから、サクッと削れば大丈夫ですよ。作業時間・・・5分と見た(笑)

はじめましてm(._.)m
最近、AKIRAさんのところに書き込みさせていただいております、gnsk と申します。
>アッパーアームが外れる
Cハブ側が外れます?
もし、そうならCハブが原因かも知れません。
416用Cハブにはアッパーアームの逃げがあって、エボ用Cハブにはアッパーアームの逃げがないんです。
エボ用だと、接触などで、ストロークした時にCハブ自身がアッパーアームを外してしまうのだそうです。
ですから、エボ用はアッパーアームと干渉するところを『V字』に削って、逃げを作れば、多少外れにくくなりますよ。

ひょっとしたら、アッパーアームのバンザイ具合でも違ってくるかも知れません。

だらだらと長文失礼いたしました

>gnskさん
初めまして。コメント有り難うございます。
>>Cハブ側が外れます?
はい、そうです。
>>416用Cハブにはアッパーアームの逃げがあって
あーーー、そういえばそんな形ですね。あれって逃げのためにあったんすか・・・
416用だとハブが折れた時に0.7mmスペーサーが100%行方不明になりそうなんで敬遠してましたが、そういった利点もあるんですね。
とりあえず、指で上下して干渉するところを削ってみようと思います。
ナイス情報有り難うございました。

し・・・知らなかった・・・。ブルーチタン専用にそんな秘密があったとは・・・。(^^ゞ
でも、3.5mmって僕の知り合いのメーカーもそのサイズだったような・・・。世の中、そういう流れなんですかね?

しかし、ジャンルが「小細工」っていうのも笑えますね。(´▽`*)アハハ

>ナイス指摘
…僕もラ〇トの常連さんに教えていただいて、『なるほどっ!!』ってなったんで(;^_^A

その方は
逃げがある分、416用は壊れやすい
ともおっしゃってましたよ。
加工前後でかなりストロークが変わりますので、見た目に安心します 笑

>AKIRAさん
>>ブルーチタン専用にそんな秘密
まぁ、製造メーカーは限られてるんで他のメーカーのと同じ製造元なんでしょう。
>>世の中、そういう流れなんですかね
コーセーもマッチモも3.5と4.0と2種類のレンチ用意してますので、この二つが標準みたいですね。ランスフォードは3.5でしたっけ。
>>ジャンルが「小細工」
基本、小細工大好きっこですから(笑)

>gnskさん
>>ラ〇トの常連さんに教えていただいて
ホームがあるとそういった利点もありますね・・・
ウチのホームはもう再開なしっぽいです・・・
>>416用は壊れやすい
エボ用も416用も在庫たっぷりもってるんで、ガンガンぶつけても大丈夫です(笑)


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。